ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

トラットリア風。牛すじ赤ワイン煮込み!

イタリアンレストランに行くと今やいたるところにある牛すじ赤ワイン煮込み。

タパスとしてサクッと出てくるところもあれば、逆にメイン料理用に豪勢にしっかりと提供してくれるところもしばしば。

実はこちらのお料理はそんなに難しいお料理ではないのですが、大変時間と手間のかかるものとなっております。

赤ワインはもちろん、ビールやお酒との相性は抜群にいいですし、お子様も楽しんでお召し上がりいただくことができるお調理です。

ご自宅でもこんなおつまみがあってお楽しみいただけたらいいですよね。

是非こちらのお料理を参考にしてみてください。

牛すじ赤ワイン煮込み

好みの味はみなさん様々ですが、意外にもアレンジが自由に効くお料理です。

ベースの味わいが変わるくらいなので材料や機材は大きくは変わりございません。

気分やその時持ち合わせている材料などでいろいろな味わいを試してみてください。

○材料

牛スジ 300g、赤ワイン 150ml、水 150cc、コンソメ 1個、ニンニク 1片、タイムお好み、ローズマリーお好み、料理酒 適量、中濃ソース 大さじ3、イタリアンパセリ お好み

○作り方

1.先ずは上記の材料を全て用意してください。牛スジのお肉の原産国はどこの国でも大丈夫です。適当なところでお安い価格帯のものをスーパーなどで購入してください。赤ワインも高級なものでなくても大丈夫です。ご自宅に余っているものがあれば十分です。

2.ローズマリーやタイムはお肉の臭みを取るのに効果があります。もちろん香りもつくので獣臭が好きな方はお好みで除いていただいても大丈夫です。

3.まずはタイムとローズマリーをお肉に挟みます。

4.挟み終わったら料理酒を全体に適量かけていきます。(かけすぎは注意が必要です)

5.ここまで完了したら、ラップをして冷蔵庫で約1時間ほど落ち着かせます。

6.1時間後にお肉を取り出し、一口サイズや食べやすい大きさにカットしてください。その後はお肉に染み込ませやすくするため、フォークでお肉をさしてください。

7.大き目のお鍋にお湯を多めに入れて約1時間、先ほどのお肉を煮詰めていきます。

8.1時間後、火を止め状態を確認してください。上部に灰汁がつくので取り除いてください。

9.かたわらでソースを作ります。赤ワイン、水、中濃ソース、コンソメ、ニンニクを入れていきます。

10.コンソメは顆粒しかない場合は、小さじ1〜2杯で様子をみてください。

11.先ほどの牛スジとソースを混ぜ合わせて約1時間弱火で煮込みます。鍋底など焦げ付きには十分注意してください。足りない場合は適度にお水を追加していってください。

12.1時間後、水溶き片栗粉を徐々に加えていきとろみをつけます。

13.いい感じでとろみがついたら火を止め、お皿に盛り付けです。

14.最後に彩りをよくするため、お好みでイタリアンパセリをくわえていただければ完成です。

なかなかお時間のかかる料理ですが味わいは保証します。

それまで愛情を込めて作ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アレンジを加える際はトマトソースや、カレーのルーとか。

ちょっと和風感を出したい感じであれば生姜や玉ねぎを加えていただくこともオススメします。

もちろんお時間がかかるお料理なので、ワインを飲みながら作ってもいいかもしれませんね。

是非いろいろとチャレンジしてみてください。

Return Top