ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインを国や産地で選ぶ時に注意すること

ワインを選ぶ際に、何を基準に選べば良いのか、どうしても初心者の方は悩んでしまうはずです。そこで、ワインを選ぶ際に注意することをご紹介します。

「ボルドー(フランス)」、「ブルゴーニュ(フランス)」

・「ボルドー(フランス)」

ボルドーとは、ジロンド県全域にわたる地域で「ボルドー」と名乗ることができます。この地域は、世界的に最も有名なワインの産地になります。ここで造られる赤ワインは、クラレット、クレレと呼ばれます。白ワインについても、ソーテルヌワインなどが品質の高さで知られています。ボルドー産の赤ワインに使用されるのは、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン・メルローなどの品種が中心です。適度な酸味と甘みが溶け合い、繊細な味わいが特徴的です。

・「ブルゴーニュ(フランス)」

ワインの産地名であるブルゴーニュは、8つの地区から成っています。ブルゴーニュは、フランス南西部のボルドーとともに賞されます。世界で最も有名なワインの産地の一つです。

「ピエモンテ(イタリア)」、「トスカーナ(イタリア)」

・「ピエモンテ(イタリア)」

ピエモンテは、トスカーナと並ぶイタリア屈指の高級ワインの産地です。イタリアワインの王様と称される「バローロ」を筆頭に素晴らしいワインが多く作られています。イタリアの北西に位置する州で北はアルプス山脈のスイス国境、西はフランスに接しています。イタリアの中では厳しい気候であり、冬は雪が多く、夏は乾燥しています。

・「トスカーナ(イタリア)」

トスカーナは、ピエモンテと同様にイタリアで最も高品質なワインを生産する州です。トスカーナで1番、人気なのは、キャンティです。辛口の赤ワインが人気です。

「スペイン」

スペインは、ぶどう栽培に適した土壌に恵まれています。地域によって気候は異なりますが、頭部と南部が地中海性気候、中央部が大陸性気候、北西部と北部が西岸海洋性気候です。スペイン固有のぶどう品種は豊富にあります。しかし、ワインに使用されるのは20種類です。この種類の中には、黒ぶどうのテンプラニーリョ種、ガルナッチャ種、白ぶどうのアルバリーニョ種、アイレン種、マカベオ種、パロミノ種などがあります。生産比率は、赤ワイン35%、白ワイン31%、ロゼワイン15%、残り酒精強化ワインや工業用蒸留用ワインなどが存在します。

まとめ

いかがでしたか?

ワインの産地を学ぶことで、その土地ならではの魅力的なワインにつながります。自分好みのワインを見つけるキッカケになるのではないでしょうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top