ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ムートン直系ワイン、ムートンカデ

ムートンカデの始まり

ムートンカデは現在では世界各地で大人気となった安ウマワインですが名前でシャトームートンロートシルトと間違えて購入する人もいるくらいな事からもわかるように、シャトームートンロートシルトから生まれたワインの1つです。1930年にブドウがの出来が悪かったためにムートンがリリース出来ませんでした。そこでバロンフィリップドロートシルトがカデ(末っ子)だったことも絡めて、ムートンカデと名づけられました。

味わい

ムートンカデの味わいはセカンドラインのワインとは思えないほどのクオリティで、人気が出過ぎたために沢山のバリエーションが生まれました。元来のムートンカデの味わいは現在のムートンカデレゼルブメドックに近く、数十年の熟成に耐えることが出来るクオリティがありましたが、原作はバリエーションが増えたため、全くシャトームートンロートシルトとは関係のない味わいのものも増えてしまいました。

ムートンカデルージュ

ムートンカデルージュは飲みやすく熟成を行わなくても美味しく飲めるワインにするためにメルロー90%カベルネソーヴィニヨン10%の比率でブレンドされています。ワインとしては美味しいは美味しいですが、やはりテーブルワインの域を出ることはありません。

ムートンカデブラン

ムートンカデは元々はシャトームートンロートシルトのブドウのうちでも少し出来が悪かったものから作られていました、ですが現在は全く別のワインとしてムートンカデ用ブドウから作られています。ムートンカデブランはソーヴィニヨンブラン60%、セミヨン30%ミュスカデル10%のブレンドで、爽やかな飲み口ですが安っぽくなく、普段飲みには持ってこいです。

ムートンカデロゼ

2008年に生まれたワインで、メルロー、カベルネフラン、カベルネソーヴィニヨンのブレンドになっており、女性に向けての作りになっています。飲みやすいのてもちろん男性にも充分気に入られると思いますが、幾分素直なワインなため値段相応の味わいです。

ムートンカデソーヴィニヨンブラン

ソーヴィニヨンブラン100%のちょっぴりプレミアムなワインで、もちろんソーヴィニヨンブラン特有の風味が爽やかで最高です。こちらは良い意味で値段不相応の味で、お買い得ワインと言えます。

ムートンカデソーテルヌ

まさかのソーテルヌです。値段もソーテルヌの値段になっています。ここまでくるとお買い得ワインだったムートンカデはムートンとは全く別の生産者になってしまったと言っても過言ではありません。しかし味わいは本物で、値段相応と言えます。

ムートンカデグラーヴブラン

セミヨン50%ソーヴィニヨンブラン40%ミュスカデル10%で作りのしっかりしているボルドー白ワインといったワインです。料理と合わせやすいためにレストランなどで見ることもある値段相応の味わいです。

ムートンカデレゼルヴメドック

こちらの方が昔からあるムートンカデに近い味わいで、値段以上の素晴らしさを持っています。カベルネソーヴィニヨン60%メルロー30%カベルネフラン10%です。力強さのなかにもエレガントさと優しい甘味があるため、誰が飲んでも美味しいワインです。ある程度の熟成にも向きます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top