ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

バケツがあればOK!ワインを急いで冷やす裏ワザ

常温で販売されていたワインを持ち帰ってすぐに飲みたいときや、急な来客があってすぐにワインを振る舞いたいときなど、ワインを急いで冷やしたい場合、皆さんはどのようにされていますか?ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、バケツがあればご家庭でも簡単にできる、ワインを急いで冷やす裏ワザを紹介します。

冷やした方が美味しく飲めるワイン

ワインにはタイプごとに美味しく飲める適温があるため、すべてのワインを冷やして飲まなければならないわけではありません。
一般的に冷やした方が美味しいワインは、白ワインやスパークリングワイン、ロゼワインなどです。赤ワインについては、タイプによって異なりますが、10℃~20℃が飲む際の適温とされているので、涼しい時期などは特に冷やさず、常温で開けても美味しくいただけます。ただし、軽めの赤ワインの適温は10℃~14℃とされているので、夏場などの暑い時期にこのような赤ワインを飲む場合は、少し冷やしてあげても良いでしょう。

冷蔵庫で常温のワインを冷やすには時間がかかる!

すっきりとした軽めのタイプの白ワインは5℃~10℃、コクのある重めのタイプの白ワインは10℃~14℃で飲むと良いとされています。このような冷やした方が美味しいワインを、常温の状態で買ってきたり、保存しておいた場合、冷蔵庫に入れて適温まで冷やすには約2時間かかってしまいます。
帰宅してすぐに飲みたいときや、急な来客があってすぐにワインを振る舞いたいときなど、2時間も待っていられない場面もありますよね。そのようなときはどうすれば良いのでしょうか?

バケツ1つで急いでワインを冷やす方法

まず、ワインボトルが納まる大きさのバケツやワインクーラーを用意します。そこにワインのボトルを入れ、周りをたくさんの氷で埋めていきます。ラベルの下あたりまで氷を入れたら、ボトルの3/4位の高さまで水を入れ、そこに少量の塩を加えます。塩を加えることで、氷水の温度を0℃よりも低い温度に保てるのです。
このような状態で、ワインは1分間に1℃冷えていきます。従って、15~20分ほど置いていれば、適温までしっかりとワインを冷やすことができるのです。ちょっとしたおつまみなどを用意している間に手軽に素早く冷やせるなんて、とても魅力的ですよね。

冷凍庫に入れて急速に冷やすのは良くない?

すぐに冷やしたいワインは冷凍庫に入れて冷やす、という方もいらっしゃるかとは思いますが、この方法はあまりお勧めできません。
炭酸が入っているスパークリングワインの場合、冷凍庫に入れると、瓶が破裂してしまうことがあります。そうなると、せっかく飲もうと思ったワインが飲めなくなるだけでなく、ガラスの処理にも危険が伴うほか、冷凍庫の中が水浸しになってしまうことで冷凍庫の故障の原因にもなりかねません。
また、ワインには酒石酸という有機化合物が含まれていますが、この酒石酸には冷えると結晶化するという性質があります。冷凍庫などで急激に冷やして酒石酸が結晶化すると、ワインの酸味が減少したり、酸化が進んでしまうことになるので、せっかくの風味や味わいが損なわれてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?ぜひここで紹介したワインを急いで冷やす裏ワザを使って、飲みたいワインを飲みたいタイミングで美味しく味わってくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top