ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

赤ワインの基礎知識

ワインと言うと、「赤ワイン」をイメージされる方が多いと思います。
ブドウ酒と言うくらいなので、ブドウの赤いイメージが強いせいでしょうか。

そこで、今日は「赤ワイン」の品種、造り方、産地などについて
基本的なことをおさらいしてみましょう!

ブドウの果汁、皮、種の全てを使う

白ワインはブドウの果汁だけで造られますが、
赤ワインは、果汁・皮・種のブドウの全てを使って造ります。

アルコール発酵をさせる時に、皮や種を一緒に果汁に漬け込むことで
赤い色素やタンニン(渋み)が染み出してくるのです。

赤ワインが、その名の通り色が赤く、
また渋みの強いワインなのは、この製造プロセスによるものなのです。

赤ワインのブドウは、必ず黒ブドウを使います。
少量の白ブドウを混ぜることもありますが、
赤ワインの赤い色は、黒ブドウの皮から抽出されているので
黒ブドウなしで赤ワインを作ることはできません。

赤ワインで重要なのは「渋み」

味わいにおいて、赤ワインが白ワインと大きく違うのは
多量の渋みを含んでいる点です。

大雑把にいって、赤ワインは渋みの強弱で分類され
渋みの強さは品種、気候、醸造方法などに影響を受けています。

重く複雑な味わいが多い

その他の特長としては、比較的ボディの重いものや
風味の複雑なものが多いことがあります。

これも製造法に由来した特徴で、さまざまな成分が果皮や種子から
抽出されるので、白ワインと比べて複雑さが増すのです。

赤ワインに肉を合わせて楽しむことが多いのは、
重いワインや複雑なワインほど、同じく重い食材とマッチするからです。

赤は長期熟成できる

赤ワインに多量にふくまれるタンニン(渋み成分)は
ワインの寿命を長く保ち、長期間の熟成を可能にします。

タンニンの量だけで寿命が決まるわけではありませんが
一般にタンニンが多いブドウ品種ほど、長期熟成しやすいという傾向があります。

カベルネソーヴィニヨン、シラー、ネッビオーロなどが
超熟のワインを生みますが、いずれも強いタンニンが特徴の品種です。

温暖な産地が向いている

赤ワインは、比較的温暖な産地で造られています。

寒冷地では果実の熟度が低くなり、酸味が強く色の淡い黒ブドウしか得られません。
そのようなブドウで造るワインは、酸味が強すぎてバランスが悪く感じられ
色が淡いのも「赤ワインらしさ」を失ってしまうのです。

赤ワインの生産が盛んな産地としては
ボルドー、ブルゴーニュの中南部、コート・デュ・ローヌ、イタリア、
スペイン、カリフォルニアなどがあります。

ただし、ブルゴーニュで栽培されているピノノワールなど、
比較的涼しい産地を好む黒ブドウ品種もあります。

まとめ

最後に、ちょっと例外のお話を。

普通に考えると、黒ブドウに白ブドウを混ぜると色が薄くなりそうですよね。
でも、黒ブドウに少量の白ブドウを混ぜてアルコール発酵させた方が
できあがる赤ワインの色が濃くなることがあります。

これは、特定の白ブドウ品種の皮に含まれるある種の成分が
黒ブドウの皮から抽出された色素を安定させるからです。
難しい化学の授業みたいですね…

また、白ブドウを黒ブドウに混ぜて発酵させると
香りが華やかになるというパターンもあります。

ポリフェノールもたくさん含んでおり、健康という観点でも
注目されている赤ワインを、ぜひお楽しみください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top