ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

簡単過ぎるのに美味しい過ぎる!?「ジャガイモのパイユ」のレシピと本格ワインショップ「ワインホリック」について

ジャガイモのパイユ

ワインと相性の料理を見ていると、じゃがいもを使ったものが多いことに気付くかもしれません。
日本はもとより、世界的にもジャガイモは食べられていますし、高級料理から郷土料理まで幅広い守備範囲を持った優秀な野菜です。ただし、このジャガイモ。肉じゃがをはじめ、マッシュポテトや煮っころがしなどなど、案外上級者向けの料理が多いのがポイント。
手軽で美味しくてさらにワインのお供になるような、そんなジャガイモ料理が無いものかと頭を悩ませている方は少なくはないでしょう。
今回、そんな方のために手軽にできてさらには必ず美味しい、そんなジャガイモ料理を紹介します。
もちろんワインにもピッタリですし、パーティーシーンでも使いやすい料理です。それでは、ジャガイモのパイユとそれに合うワインを紹介します。早速いってみましょう。

●ジャガイモのパイユの2人分の材料

ジャガイモのパイユ。パイユとは麦わら帽子のことであり、何となく麦を連想とさせるような素朴な見た目がポイントです。
外はサクサク、中はホクホクといった日本人も大好きな食感ですので、きっと食べたらハマること間違いありません。
また、基本がジャガイモですので味付けの幅も広く、アレンジが楽しめるわけです。見た目も軽やかですし、季節問わず楽しめそうですね。

じゃがいも  大2個
塩こしょう  適量
オリーブオイル 適量
ピザソース   適量
タルタルソース 適量

ジャガイモのパイユの作り方

ジャガイモのパイユの嬉しいところは、何といってもジャガイモだけで良い、という材料の少なさ。揚げ物の類いに入る料理ですので、小麦粉やパン粉、卵など色々面倒なイメージがありますよね。
さらに、作った後の後片付けも億劫になりますし、揚げ物はそれなりにリスクがあります。しかし、このジャガイモのパイユは極端なところ、ジャガイモとオリーブオイルさえあれば作ることができるお手軽さ。
忙しい主婦の方や一人暮らしの方にも嬉しい料理なのです。さて、ジャガイモのパイユで重要なのはその切り方。

まず、皮を剥いた後にスライサーで千切りにしていきます。スライサーが無い場合でも、できるだけ薄く、千切りにすれば問題はありませんので挑戦してみてください。千切りが終ったら6センチ程度に丸めて、固まりとして分けておきます。
片手で握れる程度の大きさだと揚げやすいのでオススメです。次に、フライパンにオリーブオイルを多めに引きます。しっかりと温めましょう。目安としては、ジャガイモを数本入れて泡が出て浮くならOKです。
油に熱が通ったら、フライパンの底に押し付けるようにジャガイモの固まりを焼いていきます。
片面部分がキツネ色になったら、次に裏面も同様に焼いていきます。双方に良い具合に色がついたら、キッチンペーパーで油を切り、お皿に乗せて完成です。タルタルソース、ピザソース、塩などお好みのタレで楽しんでください。

この料理に合うワイン

ジャガイモですがかなりシンプルな料理ですので、おすすめはロゼワインです。甘口というよりはスッキリとした辛口のロゼワインがおすすめです。
グレイス甲州のグレイスロゼ、ロワールのカベルネフランで作るカベルネダンジューもおすすめです。ランチタイムにも使いやすい組み合わせです。

まとめ

ジャガイモをただ揚げるだけというような料理ですが、やはり形が変われば味わいも変わるという好例です。
ジャガイモは赤ワインにも白ワインにも合わせやすいので、ワインに合う料理としてはかなり使いやすい逸品です。
味付け次第でも合わせるワインが変化させれますので、さまざまなパウダーなどで味を変化させても面白いかもしれません。
ちょっとしたパーティーで振る舞う場合は、パイユが仕上がった後に上からチーズをたっぷりと乗せて溶かすという方法も良いでしょう。
こういった場合は、カベルネフラン種のきれいな辛口の赤ワインがおすすめです。
味付けもいくらでも変えることができるのは、やはり淡泊なジャガイモだからこそ。辛口のロゼワインを合わせて、楽しい食卓にしてくださいね。

 

ワインホリック

女子に人気の町、恵比寿でこれまた女子会に人気があるワインホリックというお店があります。メニューは和洋折衷で様々なワインとのマリアージュが楽しめる美しいお店です。雰囲気も素晴らしく、デートや結婚記念日などにも最適です。生産者が造ったそのままの味わいをお客様にお届けするために様々な工夫が凝らされているらしく、期待が膨らみます。

アクセス

東京都渋谷区恵比寿西2-8-13、フレッグ恵比寿1階、恵比寿西口より徒歩4分、恵比寿西口から銀だこが左角にある道を渋谷方面へ。5差路はまっすぐに渋谷方面へ。(坂ではなく若干右に傾いた道をまっすぐに)大通り沿いに入り口があります。(渋谷区地域交流センター左隣に入り口があります。向かいにはいまりというお好み焼き屋さんがあります。)営業時間は19:00からで休業日は土日祝日になります。現在地下で営業を行っております。

ネットショップも

コンセプトは目の覚めるようなワインをということで、最先端の管理技術で日本で最もコンディションの良いワインしか置いていないとのこと、そこまで自信満々に言われてしまうとすぐにお店にまで行きたくなってしまいますが、こちらはネットショップにもかなり力を入れており、非常に高品質なワインがお手頃価格で手に入るため、ワインの初心者からベテランワインラヴァーにもオススメです。

品揃え

サイトではフランス、イタリア、スペイン、ドイツなどのワイン大国をはじめ、オーストリア、ギリシャ、ポルトガル、ジョージアなどのワインの歴史が古い地域や、クロアチア、アメリカ、ニュージーランド、オーストリア、チリなど世界各国のワインが勢ぞろいしています。特にフランスはボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュをはじめとして、甘口スパーリングや上質なシャスラが素晴らしいサヴォワやペリカンで一世を風靡したジュラなどの、日本ではマイナーな地域のワインも充実しています。健康を気づかう日本人にうれしいビオロジックやビオディナミで造られるビオワインも素晴らしい品揃えです。ワインホリックでは闇市と命名された会員限定マーケットも開催しておりエマニュエル・ルジェのクロ・パラントゥやエシェゾーそれからドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社のラ・ターシュやリシュブールなどがかなりお手頃価格で販売されていたり、ムルソーやヴォーヌ・ロマネ、それからポマールやニュイ・サン・ジョルジュなどブルゴーニュ各地域の飲み比べセットなどもあります。掘り出し物ワインが多いところもワインホリックの魅力かも知れません。生産者のやる気が少なく最近人気が低迷しているアルザス地方のワインも、生産者を選りすぐって販売されているため、安心して注文することができます。地葡萄が多いイタリアワインも充実しており、わかりやすく説明されているため、初心者でもお買い求めしやすいサイトになっています。

まとめ

ワインホリックは世界中の魅力的なワインをこだわりを持って販売している数少ないお店です。ネットショップも実店舗もワインのことを中心に作られており、誰もが安心してワインを楽しめるようになっています。お得な商品や掘り出し物ワインも多いのでみなさんも利用してみてはいかがでしょうか。

Return Top