ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ボルドーを知らずに、ワインは語れない

世界一のワイン産地と言えば、ボルドー。
今日は、ワイン好きなら知っておくべきボルドーの魅力をお伝えします。

世界最高水準のワインを造る、ボルドーとは?

ボルドーは、ヨーロッパフランスの南西部に位置し、大西洋に面した産地です。
ブルゴーニュとともに、フランスの二大銘醸地として認められており
世界中でも最高水準のワインが造られています。

ボルドーで造られる赤ワインは、クラレット/クレレ(Claret)とも呼ばれます。
クラレットとは、フランス語で「薄い赤色」という意味。
白ワインは、デザートワインとして飲まれている
ソーテルヌの甘口貴腐ワインが有名です。

ボルドーでは、古くから品質にしたがってワインの格付けが行われており、
特に1855年のメドック地区における赤ワインの格付けが有名です。

メドックの第1級として格付けられているのは、みなさん聞いたことがあるかと思いますが
こちらの5つのシャトーです。
いつか飲んでみたいものですね!

・シャトー・ラフィット・ロートシルト
・シャトー・マルゴー
・シャトー・ラトゥール
・シャトー・オー・ブリオン
・シャトー・ムートン・ロートシルト

「シャトー」と「ドメーヌ」の違い、ご存じですか?

フランスの二大ワイン醸造地である、ボルドーとブルゴーニュ。
よく比較されることがありますが、みなさんどんなイメージをお持ちですか?

ボルドーは「貴族的」な産地だと言われます。
これは、ブルゴーニュの生産者が作業服などラフな格好をきた「農夫」的なイメージに対し
ボルドーの生産者は、ぱりっと仕立てのよい高級スーツで身を固めているからです。

というのもボルドー地方、なかでも最も有名なメドック地区は
大資本の投資によって戦略的に作られた大規模な農園があるところなのです。
そこには荘厳で豪華な城館が立ち、その庭園と周辺のブドウを見下ろしています。

ボルドー地方では城を意味するシャトーという言葉に、
自社で畑を所有してブドウ栽培からワイン造りまでを一貫して行っている
ワイナリーという意味が加わって「シャトー」と呼んでいます。
これに対してブルゴーニュでは、栽培から醸造販売まで行うワイナリーを「ドメーヌ」と呼びます。
同じ「ワイナリー」でもボルドーとブルゴーニュで呼び方が違うんですね。

「右岸」派?「左岸」派?

ボルドー好きの方なら、耳にされたことがあるかもしれませんが
「あなたは右岸派?左岸派?」などという会話がされることがあります。

ボルドー地方を南北に貫いて流れるジロンド川と上流のガロンヌ川を境に
右側(東側)を右岸、左側(西側)を左岸といいます。

左岸の土壌は、上流のピレネー山脈から運ばれてきた砂利が多く
水はけがよいのが特徴です。
この土壌には、タンニンがひじょうに強くパワーのあるカベルネソーヴィニヨンが合うので
カベルネ主体のワインが多く造られます。
ですので、左岸のワインは骨格のはっきりした強さのあるワインが多いのです。
ちなみに、五大シャトーは全てこちらの左岸にあります。

シンデレラワインの宝庫である右岸

右岸は、ドルドーニュ川が上流から粘土質の土を運んできたため
粘土質の土壌になっています。
ここの保水性の高い土壌と合うのが、比較的早熟な品種のメルローです。

メルローはタンニンがカベルネより控えめで、ふくよかで丸く柔らかく
豊かな果実味が特徴です。
メルロー主体で造られる右岸の赤ワインは、メルローらしい豊満なワインになります。
今ボルドーで最も広く栽培されているのは、このメルローです。
小規模生産者が多いので、無名だったワインが一気に有名になる
「シンデレラワイン」も多く生まれています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
フランスの二大銘醸地の一つである「ボルドー」は、
世界でも類を見ないほど大量の超高級ワインが毎年作られており、
実はボルドー大学醸造学部という大学まであるんです。

規模、実績、研究水準、先進性でも世界トップクラスを誇っており
どんな授業が行われているのか、考えるとワクワクしてしまいますね。
このボルドー大学の教師が、民間のワイナリーにコンサルティングも行っており
ボルドーワインのレベルの高さにも納得です。

ボルドーでは、複数の品種をブレンドしワインの複雑性を高めており、
単一品種で作るワインより生産者の個性が反映されやすいのも面白い点です。
お気に入りの生産者を見つけてみてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top