ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年

ベルリンワイントロフィー2014、アジアワイントロフィー2014、そしてムンダス・ヴィニ2014の3つのワインコンクール全て金賞を受賞したスペイン辛口赤ワインの「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」は、ラ・マンチャに隣接し、アンダルシアとの境界近くにある人気のD.O地区で、スペインを代表するリオハ・ワインと似たような赤ワインD.Oバルディホニャスで造られリーズナブルなお値段で発売されています。レオハは、スペインの一大ワイン産地として知られていて、その中でも特にこの「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」が一際美味しいと評判のワインなのです。

造り手はこの地で1904年から家族経営のワイナリー、ボデガス・ラスゴンです。この地区は夏は暑く、冬は寒いという大陸性の気候で、若飲みタイプだけでなく、レセルバやグラン・レセルバなどと言った長期熟成ワインもリーズナブルなお値段で美味しいワインを造りだしています。

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年の特徴

外観は濃い赤紫色で誘惑します。アロマは熟した果実味が複雑絶妙に混ざりあった、その香りを思いっきり胸一杯に吸い込みたい欲求をかき立てます。味わいは、黒い果実の芳醇な味わいが印象に残るユニークなワインが「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」なのです。

また、オーク樽での長期熟成により、甘いにおいが香り立ち、赤ワイン通には舌鼓を打たざるを得ない美味しさで飲む者はそのうまさを堪能できます。

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年の製造方法 

平均樹齢が35年のぶどうを完全手摘みで収穫し、フレンチとアメリカンの2種類のオーク樽で最低12ヶ月の熟成後、セラーにて5年間熟成させます。

このオーク樽での熟成により、アロマにヴァニラやココアの香りが匂い立ち、飲む者を香りで蠱惑するのです。

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年のぶどう品種 

リオハ地区で定評のあるテンプラニーリョ100%です。テンプラーリョはスペインでは定評がある赤ワインのぶどうの品種で長期熟成することで薫り高く繊細な味わいが美味な赤ワインを造ります。タンニンも酸度も豊かで複雑絶妙な味わいを生み出します。

また、成熟が早く、スペインの高級ワインでは、ほとんど全てで使われているぶどうがテンプラニーリョなのです。

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年の料理との相性 

肉料理や魚料理など、どんな料理でも合いますが、スペイン料理との相性は優れておいしいです。また、赤ワイン煮の料理にも合う、その繊細な味わいが更に生きるものとなっています。

エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年のまとめ

アンダルシアのラ・マンチャは『ドン・キ・ホーテ』で知られる有名な地域です。そのラ・マンチャに隣接する地区でとれたぶどうで長年熟成されたこの赤ワイン「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」は、3つのコンクールで金賞を受賞するなど、その安い値段のクラスの赤ワインでは決して味わえない、複雑絶妙な味わいを、そしてアロマを兼ね備えていて、グラスに「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」を注ぎ込んだ途端に香り立つ果実の香りとヴァニラの香りなどが香る心地よさに加えて、熟した果実の味わいが口中に広がるワインの醍醐味を存分に味わえます。

この「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」の産地であるスペインの赤ワインの生産地の中心に位置するD.Oヴァルデペーニャスは、スペインの赤ワインの大生産地で、その中でも歴史あるワイナリーが作り上げた自信作が「エル・カブロン・ディグノ・レセルバ2008年」なのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top