ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010

ワインを扱って数々のワインを人気銘柄にしている人気漫画『神の雫』にも登場したこの「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は、フランス・ボルドー地方でも別格といわれ、ワイン愛好家の中では大人気の村、「メドック・ムーリス村」で造られた逸品です。この「メドック・ムーリス村の格付け(クリュ・クラッセ)の水準にあるといわれ、高名なワイン評論家、ヒュー・ジョンソン氏に「一貫して申し分なく、多くの場合傑出したワイン。長期熟成型。ボルドーで最も確実な代物のひとつ。」と絶賛された辛口赤ワインです。

この「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は三つ星を受けたシャトー・シャス・スプリーンと同経営のワインの造り手が造った逸品で、この2010年物は、今世紀最大のヴィンテージといわれるほどの赤ワインなのです。

また、ワインアドヴォケイト誌でロバート・パーカー氏自らこのクラスでは最高の92点の評価を与えたワインです。

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010の特徴

色は濃いルビー色で思わず引き込まれる色合いをしています。香りはブラックベリーやダークプラムのアロマがそこはかとなくいい香りを立て、そこに煙草やコーヒー、焦がしたシダのようなアクセントが絶妙に混ざり合う、極上のアロマが楽しめます。

味わいは、しっかりとした味が確立していて、しかもそれが純粋な、または鮮烈な余韻を残しながら、口いっぱいに広がり、そしてその余韻に浸ることを強要するかのような美味しい赤ワインなのです。

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010の製造方法

オーク樽で12ヶ月熟成で造られるフルボディの赤ワインです。更に熟成すれば更に美味しくなると言われていて、これからがさらに楽しみな赤ワインです。造り手はマダム・セリーヌ・ヴィラール・フーベ家です。このマダム・セリーヌ・ヴィラール・フーベ家はこれまでも人気のワインを造り出していて、ワイン界ではその名をいないものはないと言われるワインの造り手です。

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010のぶどう品種

樹齢35年のカベルネ・ソーヴィヨン50%。カベルネ・ソーヴィニヨンは、赤ワイン用の品種としては「王道」の品種で、熟成すれば熟成するほど美味しさが増してゆく品種です。

そして、メルロー50%。メルローも赤ワイン用のぶどう品種としては広く栽培されていて、カベルネ・ソーヴィヨンと掛け合わせることでワインに深みが加わり、高級ワインでは重要な役割を果たす品種として知られています。

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010の料理との相性

フランス料理全般、特に肉料理との相性が合っています。また、純粋な味わいですので、料理の味がこの「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は特に料理のうまみを引き出す上級の赤ワイン波でありながら、しかしとてもリーズナブルな赤ワインなのです。

シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010のまとめ

「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」はシャトー・シャス・スプリーンと双璧をなすマダム・セリーヌ・ヴィラール・フーベ家が生み出した傑作赤ワインで、この「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は評価が非常に高い赤ワインです。高名なワイン評論家はこぞって大絶賛しています。この2010年物はワインの当たり年と言われていて、この「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は12か月熟成していますが、さらに熟成をすればするほどに旨みが増すと絶賛されている赤ワインなのです。

ワイン愛好家にとっては待ちに待ったワインに違いなく、この「シャトー グレッシェ グラン プジョー 2010」は、ワイン好事家の舌をも唸らせるに十分な深い味わいは、絶品の一言です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top