ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007

フランス・ブルゴーニュ地方でも特別に美味しいワイン用のぶどうが栽培されていることで有名な一級畑「ヴィーニュ・フランシュ」。そこで造られたワインが「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」で、辛口赤ワインの中でも特に美味しいと評判のワインなのです。しかし、希少なワインですので、なかなか入手コンなとなっています。

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007の特徴

フランスでも特別に美味しいワインを生み出すポマール側にあってドルーアンで有名なクロ・デ・ムーシュに隣接し、また、クロ・デ・ヴィーニュ・ブランシュに隣接し、クロ・デ・ヴィーニュ・ブランシュやルイ・ジャドのクロ・デ・ズルシュールなどの小区画でも有名な、一級畑「ヴィーニュ・フランシュ」は、クロ・デ・ムーシュよりも濃さと張りがあり、その味には鮮明さが際立つと言われていて、有名なワイン評論家のマット・クレイマー氏は「ボーヌ・プルミエ・クリュー・一級の中でも5指に入る」と絶賛された辛口赤ワインなのが「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」なのです。

その色は深みのあるルビーの輝きを放ち、それだけでこの「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」がただならぬワインだと言うことが感じられ、そして注がれたワインからはラズベリー、チェリー、皮革、コーヒー、鉄、スパイスなどか入り交じった複雑な香りで誘惑するのです。アロマは複雑ながらも絶妙なバランスが保たれていて、その奥深い香りはワイン愛好家には堪らないものだと思います。

そして、それを口に含むと、トリュフを彷彿とさせるミネラルな味わいとタンニンの酸味が優しく調和した味わいは深みがあり、それは傑出した美味しさとなって結実しています。それでいて、鮮明な味わいが印象的はで、味わいは更に奥深さを持っています。

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007の製造方法

最高水準のブルゴーニュ辛口白ワインの造り手として評価が高い名門中の名門、ルイ・ラトゥール社。ルイ・ラトゥール社は、200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するワインの造り手です。ブルゴーニュの2大白ワインの一つと言われる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親として余りにも有名です。

そのルイ・ラトゥールが自身を持ってお届けするのがこの「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」で、熟成は9年です。これが飲み頃で、大絶賛されている赤ワインなのです。

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007のぶどう品種

ぶどうの品種は解りませんでした。赤ワイン用のぶどうの品種であることは間違いないのですが、そこは秘伝のものとして明らかにしていないのかも知れません。

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007の料理との相性

そこはかとなく味わえるトリュフ味わいから、フランス料理においては何にでも合うこと間違いなしです。赤ワインですので、肉料理を始め、コクのある料理にぴったりだと思います。

ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007のまとめ

白ワインに関しては、ブルゴーニュ地方の中でも名門中の名門と言われているルイ・ラトゥール社が、満を持して発売した赤ワイン「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」は、評価が非常に高い赤ワインなのです。

アロマは複雑にして絶妙な調和を持ったもので、味わいもトリュフを彷彿とさせる高級感が途轍もなく鮮烈な印象を残す辛口赤ワインです。

また、「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」は、白ワイン造りで培われた技術を惜しみなく注ぎ込まれていて、単純に白ワイン造りと赤ワイン造りを比較はできませんが、しかし、白ワインでは既に公明なルイ・ラトゥール社の赤ワインなので、それは安心感があり、その名に恥じぬ傑作の赤ワインが「ボーヌ プルミエ クリュ 一級 ヴィーニュ フランシュ 2007」なのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top