ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

樽熟成とステンレスタンク熟成の違い

ワイン好きな方なら、よくワイナリーで樽がたくさん転がっていたり
大きなステンレスタンクがずらっと並んでいる様子を見ませんか?
普段意識されない方も多いと思いますが、
ワインは製造過程で、樽やステンレスタンクを使って熟成させています。
では、樽とステンレスタンクの違いは一体何なのでしょうか。

樽かステンレスタンクかは、あくまで造り手の好み

造りたてのワインは、甘み、香り、タンニンなどのバランスが悪く
バラバラとしてまとまらず、固くガチガチした味わいをしています。
それをまろやかな味わいに変化させるために、”熟成”という製造過程が必要になります。

この熟成のために、樽やステンレスタンクが使われます。
それぞれ味わいや香りなど特性が異なるため、
どちらを使って熟成させるのかは、造り手のこだわりが出るところなんです。

樽=濃厚で複雑な味わいに

樽で熟成させると、木のタンニンや香りがワインに移り、味わいに厚みや複雑性が生まれます。

現在の樽には、ほぼオーク(樫の木)が使われています。
オーク樽を使って熟成することにより、トーストのように香ばしく、
バニラのように甘い香りを与えることができます。
さらに、バターの様な乳製品的な香りも加わり、複雑でコクのある味わいに。

よく、「シャルドネの樽香が好き」という方がいらっしゃいますが
あれはシャルドネ本来の香りや風味ではなく、実は熟成させた樽の特長なんです。
ただ、樽の香りとシャルドネの相性はとてもよいので、シャルドネには樽がよく用いられます。

また、樽は木を合わせて作っているため、ステンレスタンクと違い密閉性が低くなります。
木目からの微量の酸素と触れ合うことで、ワインの熟成がより進み
ワインの色や味わいが濃くなるというのも樽熟成の特徴です。

初めて使う樽は新樽と言われ、新樽の方が樽の影響が強く出ます。
その後、年月を経るごとに、樽香の影響はどんどん弱くなり、
5年を過ぎると古樽と呼ばれます。

新樽のみで熟成した『新樽100%』というワインもたまにありますが
樽自体の価格が高額なので、新樽と古い樽を合わせて造り手が多いです。

ステンレスタンク=ワイン本来の特長を際立たせる

ステンレスタンクは、木樽と違いタンクからの影響が少ないため、
ワイン本来の特徴を存分に出したい時に使われます。
特に、白ワインを熟成する時に使用されることが多いです。

地域によっては 、一切、木=オークと触れてないことを示すために
「Unwooded アンウッディド」と表記されているものもあります。

ステンレスタンクは空気を通さないので、酸化を防ぐ効果があり
また比較的低い温度で保管することができるため、
ブドウ自体の特徴やすっきりとしたフレッシュさが残り、果実味が感じやすくなります。

また、ステンレスタンクによる発酵・熟成はその地域の気候や栽培方法から生まれる
特徴も際立たせるので、産地特徴を感じとるためには、ステンレスタンクの方が好ましいと言えます。

まとめ

いかがでしたか。普段家やレストランなどで何気なく飲んでいるワインについて、
ブドウの品種や生産地、ビンテージを気にする方は多くても、
樽熟成なのか、ステンレスタンク熟成なのか意識して飲んでいる方は少ないかと思います。

でも、樽熟成なのかステンレスタンク熟成なのかはワインの味わいに大きく影響しますし、
生産者の好みが現れるところでもあります。
どちらの熟成方法なのかを意識して飲むと、違いが分かるようになり、
その味わいにおける熟成方法の役割を感じられるようになるはずです。

まろやかで濃厚なのが好きな方は樽熟成、キリッとフレッシュなのが好きな方は
ステンレスタンク熟成を好まれる方が多いです。あなたはどちらがお好みですか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top