ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

テレオ・ソーヴィニョン 2014

かつて「ラシーヌ・ソーヴィニョン」として発売されていて大人気を博したフランスの白ワインが装いも新たに「テレオ・ソーヴィニョン 2014」として発売されます。「ラシーヌ・ソーヴィニョン」は、数々のワインコンクールで賞を受賞したコスパ抜群の白ワインとして知られていました。

その「ラシーヌ・ソーヴィニョン」が「テレオ・ソーヴィニョン 2014」と名を変え再登場しました。この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」は「ラシーヌ・ソーヴィニョン」と中身は全く変わらずに、ラベルなどが一新されての発売です。ですので、その味は実証済みなのです。

テレオ・ソーヴィニョン 2014の特徴は? 

その味わいは、グレープフルーツやライムを丸かじりしたような爽快な香りが別世界へと誘い、清新な香りは新鮮そのものなのです。これに加えて、青リンゴや固めの洋なし、そしてハーブの香りも匂い立つフレッシュ感が食欲をかき立てます。

一口口に含むと、更に爽快感は増すばかりで、この爽快感はこの「テレオ・ソーヴィニョン 2014」でしか味わえません。その爽快感の余韻に浸るまもなく、口中には果実味、すっきりとした切れのよい酸味に、オレンジをかじったことがある人は解ると思いますが、ジューシーな果実味が舌の上でいつまでも転がしておきたい欲求に駆られながら、ゴクリと飲む快感は幸福感この上ないものです。

そんな爽快感を更に奥ゆかしくしているのは、飲み心地のまろやかさで味に厚みがある味わいなのです。爽快な味わいなのに、この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」は、爽快感で終わるような白ワインではなく、コクがあり、飲み応えが十分に備わった白ワインで、これが、数々のワインコンクールで賞を受賞する秘訣があるのです。

爽快ですっきりとした味わいにコクがあるその重層的な味わいは何物にも代えがたく、この絶妙のバランスは、「テレオ・ソーヴィニョン 2014」の大きな魅力となっています。

そして、価格が非常にリーズナブルで、誰もが楽しめる白ワインが「テレオ・ソーヴィニョン 2014」なのです。

テレオ・ソーヴィニョン 2014の製造方法 

この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」を造っているワイナリーは、フランス南西部、ガイヤックの最南端・最西端にあります。その名は「ヴィニュロン・ド・ラバステン」といい、フランスワインの中でも激安なワイン生産者が犇めく一帯なのです。激安だからといって手を抜くことなく、ボルドーの高級白ワインの産地、ペサック・レオニャンやグラーヴ地区のワインを彷彿とする白ワインで、醸造家の苦労がその味わいの素晴らしさから推し量れるのです。

テレオ・ソーヴィニョン 2014のぶどう品種 

ぶどうは、まず、白ワインに最も適した品種と言われていて、その味わいは果実味を醸し出すソーヴィニョン・ブランが85%。このソーヴィニョン・ブランに「テレオ・ソーヴィニョン 2014」は、さまざまなぶどうを加えて、味に深みを持たせているのです。

フランス原産の白ワイン品種で、主にフランスやアメリカで生産されているコロンバールが5%。

主にフランス・ボルドー地方で生産される白ワインぶどう品種で、辛口の白ワイン使われるほかに、超甘口の貴腐ワインにも使われるミュスカデルが5%。

そして、フランス南西部で主に生産されていて、「秋の夢」というロマンチックな名前が付いている品種、ロワン・ド・ルイユが5%。

以上の、微妙なぶどうの使い方ですっきりとしたのみ心地にコクを加えているのです。

テレオ・ソーヴィニョン 2014の料理との相性 

この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」ですが、ワインのみでも十分に美味しいのですが、例えばアサリの白ワイン蒸しなど、料理に白ワインを使った料理との相性は言うを待たず、とても美味しいです。

また、鶏肉の料理や豚肉の料理にも合い、この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」はどんな料理でも合う「魔法の白ワイン」と呼べるような美味しさを持った白ワインなのです。

テレオ・ソーヴィニョン 2014のまとめ 

この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」はかつて「ラシーヌ・ソーヴィニョン」として発売され、絶賛されたワインが、装いも新たに更に美味しくなった白ワインなのです。このワインはコスパが抜群によく、また、どんな料理にも合うことから、この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」は引く手あまたの激うまの白ワインで、また、値段もとてもリーズナブルです。

フランスワインは高額という先入観を打ち破るに相応しい「テレオ・ソーヴィニョン 2014」は、安かろう不味かろうという常識を打ち破ったワインの一つとも言え、フランスも南米産のリーズナブルなワインの追い上げに対して脅威を感じているのは、この「テレオ・ソーヴィニョン 2014」の発売ではっきりしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top