ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの飲み頃と賞味期限、簡単レシピ!チーズれんこん春巻と白ワイン

多くの食品や飲料物には賞味期限や消費期限が記載されているのに対し、ワインには一般的に賞味期に関する表示がありません。それでは、ワインはいつまでに飲んだらよいのでしょうか?

なぜワインには賞味期限に関する表示がない?

ワインには、はっきりとした「賞味期限」はないと言われています。それは、ワインはぶどう品種やタイプによって、美味しく飲める飲み頃に幅があるからです。
そもそもワインはボトルの中でも熟成が進んでいるため、フレッシュでフルーティーな味わいのワインについては、早めに飲んでしまった方がその風味をより楽しむことができ、長期熟成型のワインについては、時間をかけて熟成させて方がより美味しくなるのです。

ワインの美味しい飲み頃はいつ?

先述した通り、ワインの飲み頃はワインのタイプによって異なりますが、一般的なお店においてある手ごろな値段のワインは、すでに飲みごろになっていると思って良いでしょう。
このようなワインは、わざわざ家で熟成させる必要はなく、買った時が飲み頃なのです。そのため、お店で「今夜これが飲みたい!」と思って買ったワインは、基本的にはその日の晩に美味しくいただけるのです。
しかしながら、中には例外もあります。寿命やピークが長いワインには、時間の経過とともに香りが華やぎ、味わいがなめらかになっていくものがあります。このようなワインは一般的に高価なワインが多く、生産地や収穫年(ヴィンテージ)の気候条件などにより寿命が異なってくるので、購入時にショップの店員さんに飲み頃を相談してみることをお勧めします。

ワインはいつまで美味しく飲める?

なかなか開けずにとっておいたワイン。特に高価なワインを頂いたりすると、すぐに飲んでしまうのがもったいなくて、長期間とっておくこともあるでしょう。そんなお蔵入りのワインは、いつ頃まで美味しく飲めるのでしょうか。
一般的な白ワインは1~2年、赤ワインは2~3年以内に飲むことが多くのメーカーで推奨されています。ただし、これは保存状態が良好な場合に限ります。また、先述したような長期熟成させた方が美味しいワインについては、プロにその保管期間を相談した方が良いでしょう。

開けてしまったワインはどれくらいもつ?

ワインを一度開けて飲み切れなかった場合に、コルクやボトルストッパーなどをして冷蔵庫で保管しておく方も少なくないかと思いますが、このようなワインは開けてから1週間程度なら、風味もさほど変化することなく美味しくいただけます。

飲み頃をはずしたワインはどうなる?

ワインは生鮮食品のように腐ったりはしませんが、飲み頃を過ぎてしまうと、酸化が進んでしまい、酸っぱくなってしまいます。特に最近では酸化防止剤無添加のワインも増えていますが、このようなワインは特に酸化が進みやすいので、早めに飲むことを心がけましょう。
なお、酸化が進んで飲めなくなってしまったワインについては、煮込み料理などに使ってしまうといいでしょう。

ワインには、賞味期限が設定されていません。ほとんどの食品や飲み物には、消味期限が設定されています。しかし、ワインには賞味期限が設定されていません。なぜワインに賞味期限が設定されていないのかご紹介します。

ワインに賞味期限が設定されていない理由

ワインに賞味期限が記載されていない理由は、ボトル内でも熟成が進んでいるためです。そのため賞味期限を表示するのが難しいです。ワインボトルに瓶詰めされた後も熟成を続け香りや味わいを変化させます。そのため瓶詰め直後が飲み頃ではありません。ワインボトルに記載されているのは収穫年になります。そのため、どのくらいの熟成期間を経たものが自分の好みなのか考えながら飲むのもワインの魅力になります。

ワインの美味しく飲める期間

ワインは、賞味期限が無く腐るという心配もありません。ワインは、保存状態や保存期間により味が変わります。お店で取り扱っているワインは、すでに飲み頃になっていると言えます。

・「赤ワイン、白ワインを美味しく飲む目安」

白ワインは1〜2年、赤ワインは2〜3年以内に飲むことをオススメします。高級ワインは、何十年も熟成させたものが美味しく飲む目安となるものも存在します。ソムリエに相談して、美味しく飲める目安を知るのも良い手段と言えます。ここで、スパークリングワインは、保存を目的としていないため早めに開封するようにしましょう。

・「美味しく飲む目安を過ぎたワイン」

飲み頃を過ぎたワインは、酸化が進みます。そのためワインは、酸っぱくなっています。飲み頃を過ぎてしまったワインは、料理などに使用することをオススメします。

開封したワインの保存方法

開封したワインは、酸化して変色してきます。体に害はありませんが、味を楽しむことは難しくなります。そこで、ワインの種類ごとに保存目安の期間を紹介します。

・「赤ワイン(フルボディ)」の保存期間は、約1週間です。

・「赤ワイン(ライトボディ)」の保存期間は、5日程度です。

・「白ワイン(辛口)」の保存期間は、約1週間です。

・「白ワイン(甘口)」の保存期間は、約2〜4週間です。

・「スパークリングワイン」の保存期間は、2日程度になります。

しかし、これは大まかな目安です。銘柄によっては、保存期間が変わってくるので目安として参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。

ワインの保存方法を学ぶことで、ワイン本来の美味しさを長く楽しむことができます。

ワインには賞味期限はありませんが、生き物のようにそのピークがあるのです。ぜひその飲み頃を見極めて、ベストな状態のワインを美味しく味わってくださいね!

チーズれんこん春巻

美味しい料理と美味しいワイン。これがあれば、この世は天国。こんなことを、フランスのアンリ4世が言ったそうです。

疲れて家に帰ってきた時、このふたつが揃っていたらどんなに嬉しいでしょうか。さて、仕事が終って疲れている時、何気に気になってしまうのが帰り道に横切る総菜屋さんの香り。揚げ物って、何であんなに疲れている時に心を揺さぶるのでしょうか。

買って帰りたいけれど、ご飯はあるだろうし、混んでいるしと悩むパートナーもいるでしょう。

だからこそ、自宅で簡単に出来て美味しく、さらにワインとバッチリ合う揚げ物を作って待っていてはいかがでしょうか。

今回、レンコンとチーズを使った簡単春巻きを紹介します。チーズが入るだけで、ワインとの相性がグッと良くなりますよ。では、早速チーズれんこん春巻の作り方を紹介していきましょう。

チーズれんこん春巻の2人分の材料

チーズれんこん春巻は、外はカリっと中はトロっと、が基本です。失敗しやすいのが、中に火が通っていないとか、焦げてしまうなどでしょう。

あまり無理に材料を詰め込みすぎると、揚げている時に中身も漏れ出してしまいますので必要最低限で結構です。案外、シンプルな方が美味しく直ぐにできるのでおすすめです。夕食のおかずの一品として手軽に入れることが可能ですよ。

春巻きの皮    4枚

れんこん     60g

プロセスチーズ  50g

明太子      1/2腹

刻みネギ     1/5本

粉チーズ     適量

油        適量

チーズれんこん春巻の作り方

春巻きというと、油で揚げるし、包むのも面倒だし、自宅で作れるようなものでは無いというイメージもあるようです。

とはいえ、コロッケなどを作るよりもずっと簡単ですし、材料も少量あれば直ぐに作れてしまうので、実はとてもオススメな料理でもあるのです。では、チーズれんこん春巻の作り方を紹介していきましょう。

まず、レンコンですが皮を剥いて水に30分はさらしておきましょう。アクを取るためですが、水煮などを購入されたであればそのまま使っていただいても問題はありません。皮を剥いて水にさらしたレンコンは、1センチメートル幅の棒状に切っていきます。

そして、耐熱皿に乗せて電子レンジで500W、2分程度加熱してください。その後、粗熱を取って冷ましておきます。

次に、春巻きの皮を用意します。広げた春巻きの皮に明太子を乗せて次にプロセスチーズを15g程度にちぎって乗せていきます。

次にレンコンを乗せて、粉チーズを全体に振って包んでください。上手に包むコツは具を皮の手前に置いて、手前から両端を包み、そして巻いていくとキレイに包むことができます。巻き終わりにちょっとだけ水をつけて留め、180度に熱した油に入れていきます。

きつね色になる程度まで約3分ほど揚げていきます。レンコンには熱が通っていますし、チーズも明太子も生で食べれる食材ですので、無理して揚げ続ける必要はありません。あとは、お皿に盛って完成です。

この料理に合うワイン

チーズ、明太子と来れば白ワインです。中でも、ロワール地方のミュスカデが、バランス良く合います。

辛口ながら、シュールリーという旨味をたくわえた独特の製法で作られており、やや微発泡が特徴のワインです。

とっても爽やかでチーズと明太子の濃厚な味わいを受け止めてくれるので、おすすめです。また、隣のロゼダンジュという、甘みのあるロゼワインとの相性もバッチリですよ。

まとめ

春巻きを簡単に作りたいなら、先に熱が通したり、生でも食べれる食材を使うと便利です。

揚げ物となると、どうしても火が通っているかが不安になってしまい揚げ過ぎてしまいます。

そうすると、食材が固くなりすぎたり焦げたりと美味しくなくなってしまうのです。
ワインと料理を合わせる時、大切なのは素材の味を大切にすることです。

今回のように、ミュスカデの場合は素材の味が生きているようなものが合います。甲州種もシュールリーを使いますが、和食は繊細ですのでミュスカデも同じような味わいが特徴なのです。

この料理馴れてきたら、本格的な春巻きに挑戦しても良いですね。

本格的な春巻きはロゼワインとの相性もバッチリです。色々と挑戦してみましょう。

Return Top