ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

【初心者向け】外したくない!ワインの選び方とフランス地方別のワインの特徴

ビール、日本酒、焼酎、ワインなどのお酒の中でも、「敷居が高そう…」「たくさん種類があって分からない…」と、
最も選ぶのが難しいと感じるのがワインではないでしょうか?
そこで、今回は初心者でも失敗しない”美味しいワイン”の選び方をご紹介します。

そもそも美味しいワインとは

“美味しいワイン”と言っても、人それぞれ。質の悪いブドウを使っていたり、
保管状況が悪いといったワインは論外ですが、ある程度のクオリティが保たれているものであれば、
美味しいワインかどうかを決めるのは自分です。
だから、自分にとっての美味しいワインを決めるために、難しく構えずいろいろ飲んでみて、
好き・嫌いでいいので判断してみてください。

そして、まずは赤なら軽めか重めか、白やスパークリングなら甘口か辛口かのどちらが好きかを
決めるだけで大丈夫です。
あとは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランなど、
好きなブドウの品種ぐらいまで分かってくると、より自分好みの美味しいワインが探しやすくなります。

失敗したくない!それなら、プロにお任せ

ざっくり好みが分かっても、数あるワインの中から自分で美味しいワインを選びだすのは、
とても難しいですよね。

でも、ワインショップやレストランなら、プロである店員さんやソムリエの方に任せれば大丈夫。
ただし、「なんでもいいのでおすすめを」はNGです。
それでは、選ぶ手がかりがなく相手も困ってしまいます。
そこで、最低限赤なら軽めか重めか、白やスパークリングなら甘口か辛口かと予算の目安を伝えればOK。
ブドウの品種も希望があれば、合わせて伝えてください。

また、最近はネットでワインを買うという方も多いはず。
ネットショップもたくさんありますが、有名ワインショップのサイトやメダル受賞ワインなど
お墨付きの中から選ぶとハズレが少ないですね。

さらに、ワインスクールの講師やソムリエが厳選したワインもおすすめ。
ちょっと値は張りますが、何十本、ときには何百本を試飲して
プロがプライドをかけて選んだものなのでレベルが高く、自分では探し出せなかったワインに出会うことができます。

でも、一期一会の出会いに賭けるのもあり!

あとは、堅苦しく考えずいろんなワインとの一期一会を楽しむのもいいものです。
ちょっとミーハーな気もしますが、よくラベルで選ぶという人がいます。
一見博打のようですが、ラベルには作り手の想いやセンスが出るので、
素敵なラベルなら素敵なワインである可能性も高いかもしれませんね。

また、最近では、ブラッドピット&アンジェリーナジョリー夫妻や
映画監督のソフィアコッポラなど有名人所有のワイナリーも増えています。
ホームパーティーなどに持っていくと、話のネタにもなりそうです。

あとは、旅行先でその土地のワインを飲んでみるのもおすすめ。
各地で造られるお酒は、その土地ならではの料理と合うよう作られているので、
ぜひマリアージュを楽しんでみてください。
旅の興奮が加わると、さらにおいしく感じるものです。

最後に、美味しいワインに出会ったら必ずしてほしいこと

いかがだったでしょうか?美味しいワインを選べるようになるには、まずは自分の好みを知ること。
そのためには失敗を恐れず、まずはえり好みせずいろいろ飲んでみてください。
その上で、プロに選んでもらったり、自分で選んで個性豊かなワインとの一期一会を楽しんだり、
楽しみ方はさまざまです。

そして美味しいワインに出会ったときは、ぜひボトルのラベルをもらったり写真にとったりして
覚えておいてください。
そのときは美味しい!と思っても、意外とすぐ名前を忘れてしまうものです。
そして、自分で同じワイナリーの別の品種や別の年代のものを探したり、
プロの方に伝えて似たようなワインを探してもらったり、
さらにあなたの美味しいワインの世界が広がるはずです。
奥深いワインの世界を、どうぞお楽しみください!

 

ワインの品質の高さやワイン文化で世界をリードし続けているフランス。ボルドーやブルゴーニュが有名ですが、他にも多くの地域で個性的なワインが生産されています。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、フランスの5つの代表的なワインの産地と、そこで生産されるワインの特徴について紹介します。

ボルドー地方

ボルドーの地名の語源は「水のほとり」を意味する言葉から来ています。その名の通り、ボルドー地方は豊かな川に恵まれた土地です。
「世界の酒蔵」とも呼ばれ、上質なワインの産地として知られているボルドーでは、その地区ごとの土壌などの違いにより、特色の異なるワインが生み出されています。ボルドーの中でも特に有名なメドック地区では、1855年に赤ワインの格付けがなされ、ここで1級を獲得したシャトー・マルゴーなどの5つのシャトーは、「5大シャトー」と呼ばれています。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどの品種で造られた、どっしりとした重さと渋味のある赤ワインが有名ですが、ソーヴィニヨン・ブランなどの白ワインや、甘口の貴腐ワインも多く生産されています。特に、ソーテルヌ地区は貴腐ワインの世界3大産地の一つに数えられています。

ブルゴーニュ地方

ボルドーと並ぶワインの名産地で、「偉大なぶどう畑」と称されるブルゴーニュ。その中でも「黄金の丘」という意味のコート・ドールでは、希少性が高くて最高級のワインの一つでもある「ロマネ・コンティ」が生産されています。
ブルゴーニュの赤ワインは主にピノ・ノワールから造られ、渋みの少ない上品な味わいの赤ワインになります。また、ブルゴーニュのシャブリ地区はシャルドネの栽培に適していて、高品質な白ワインも生み出されています。また、日本で有名なボジョレー・ヌーヴォーは、ブルゴーニュのボジョレー地区の新酒のことを指しています。

ロワール地方

フランスの中央部から大西洋にかけて流れるロワール川流域に位置するロワール地方。範囲が広いため、栽培されるぶどうの品種やワインの個性にも様々なものがあります。
代表的なものには、フレッシュでフルーティーな味わいが特徴のミュスカデや、香り高いソーヴィニヨン・ブランから造られる白ワイン、カベルネ・フランなどから造られる甘口から辛口のロゼワインなどです。

ラングドック・ルーション

フランスの国内の約4割のブドウ栽培面積を誇る大産地です。スペインとの国境から地中海沿岸に広がるこの地方では、太陽の恵みをたっぷりと受けて育った多様なぶどう品種から、赤、白、ロゼ、スパークリングなど多彩なワインが生み出されています。家庭で気軽に楽しめるテーブルワインがその大部分を占めています。

シャンパーニュ地方

パリの北東部に位置するこの地方は、フランスの最北部のワインの生産地です。数あるスパークリングワインの中でも、「シャンパン」と名乗れるのはこの地方で「シャンパーニュ方式」と呼ばれる製法で造られたもののみです。日本でも有名な「ドン・ペリニョン」や「モエ・エ・シャンドン」などをはじめ、お祝いの席には欠かせない有名なシャンパンが生産されています。

まとめ

いかがでしたか?アルザス地方やローヌ地方など、ここでは紹介しきれなかった地方もありますが、ワイン大国フランスでは、実に様々な個性のワインが生み出されているのです!ぜひ色々な地方のワインを味わって、フランスワインの奥深さを感じてみてくださいね!

Return Top