ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014

総計20000本以上を完売するいわゆる「元祖京橋ワイン史上最強の激安イタリアワイン」と呼ばれ、その人気を不動のものにしている赤ワイン「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」がいよいよ登場しました。この「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」は、そのコスパが非常に高いと言うことでも知られていて、その味わいは高級ワインに匹敵するものなのです。

イタリアの重要ガイド誌「ガンベロ・ロッソ誌」でも最高得点を獲得するのが常連のワイナリー、「ウマニ・ロンキ社」が生み出すワインが「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」なのです。

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014の特徴は?

まず、注がれたワインの色調の鮮やかさに驚くはずです。そして、一口「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」を含むと安定感のある香りとともに渋みのタンニンを上手く調節した上で醸成される芳醇な果実の味わいが、口いっぱいに広がってゆきます。

更にその味わいは、果実を凝縮した味わいで、口に含んだ後に、次第にその果実の凝縮された味わいが一気に花開きます。それが、絶妙で、高級ワインにも劣らぬ味わいを実現しています。

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014の製造方法 

イタリアのヴェネツィア近辺から南はプーリアまでのイタリアの東海岸、アドリア海沿いの中間に位置するワイナリー、ウマニ・ロンキ社は、いち早く近代的な畑の管理法やぶどうの栽培法、新しいワインの醸造法を取り入れ、この地域のリーダー的な存在と目されるワイナリーです。

近年ではワイン誌「ガンベロロッソ誌」を始め、国際的な評価が高いワイン醸造家のジュセッペ・カヴィオラ氏をコンサルタントに迎えて、更なる品質の向上に抜け目なく、日々いそしんでいます。

カヴィオラ氏の哲学は「ワインを味わう人に、自らの存在をかけるよりももっと限りなく感じさせるエノロゴでありたい」というもので、このカヴィオラ氏がその持てる技術を惜しげなく注いでのワインが「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」なのです。

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014のぶどう品種

イタリア・トスカーナ州のモンテプルチアーノという町の名が冠されているモンテプルチアーノ種のぶどうが使われていて、モンテプルチアーノ種は品質がいい物ですと、深い緋赤色で、干したブルーベリーやザクロを彷彿とさせる香りに、渋みと酸味のバランスが絶妙なぶどうとして知られています。

それに加えて赤ワインのぶどうとして世界で最もよく知られているカベルネ・ソーヴィニヨンが使われています。カベルネ・ソーヴィニヨンは、香りが豊かで、深みがある味わいのワインを生み出す品種として知られているぶどうです。

「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」ではその2種類のぶどうが使われています。

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014の料理との相性 

生産地のイタリア料理との相性は非常にいいです。中でもパスタ料理とはとてもよく合い、料理を引き立てるにはこれ程リーズナブルな赤ワインはありません。

ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014のまとめ

激安ワインとしてその名を馳せる「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」は、そのあまりにリーズナブルな値段でありながらも上級赤ワインを味わうのに匹敵するほどの美味しさでも有名です。その「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」がいよいよ登場しました。

イタリアはトスカーナ地方のワインに凝縮させて見せたような深い味わいが楽しめる「ウマニ・ロンキ・ビアンキ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2014」は、ワイン好きには飲まずにはいられない赤ワインの代表格といえます。つまり、ワイン愛好家ばかりでなく、ワインを嗜む程度の人にもオススメのトスカーナ地方を代表する赤ワインの一つなのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top