ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

シレックス[2012](赤ワイン)

ワイン評論家の大家の一人、ロバート・M・パーカーJr.氏がワイン誌「ワイン・アドヴォケイト誌」で、95点というこれ以上ないと言うほどの高得点を付け、また、パリ農業コンクールで金賞を受賞したワインが、この「シレックス[2012](赤ワイン)」なのです。

シレックス[2012](赤ワイン)の特徴

香りは野生のハーブの香りやカシスのエキスの香り、そして ブラックベリーに高貴な色である紫の花を彷彿とさせる上質な芳しさと、そこはかとなく香る仄かなスモークの香りがよいアクセントになった香りは、将に品性公正な上品な香りが飲む者を包み込みます。

味わいは、すうっと飲める口当たりがよくその飲みやすさに加えて、滑らかで繊細な果実の味わいとカカオの仄かな味わいが口辺に広がる中で、爽快な感じをもたらす酸味に、スパイスがきいたその味わいが「シレックス[2012](赤ワイン)」の味わいに実に深みを与えています。

また、一口飲んだ後の余韻にもいつまでも浸っていたいという欲求がかき立てるその味わいは、上品この上ないものと言えます。「シレックス[2012](赤ワイン)」は、値段はリーズナブルにもかかわらず、それは高級ワインに匹敵する品性を備えた赤ワインと言えます。

シレックス[2012](赤ワイン)の製造方法

古木のぶどうを使って醸造されたワインは、「eRobertParker.com#218」にて「とんでもない傑作」、「シャトーヌフ・デュ・パプ2012クロ・デ・パプを思い出させる」、「造り手のトータヴェルに、敬意を表する」と絶賛されているのです。

製造方法は、古木のぶどうのみを使用したもので、それを丹念な作業により、造り手の努力がこの「シレックス[2012](赤ワイン)」に凝縮されていて、醸造・熟成された最高級の赤ワインにも匹敵する赤ワインがといえるのが「シレックス[2012](赤ワイン)」なのです。

シレックス[2012](赤ワイン)のぶどう品種

スペイン語で「ガルナッチャ」と呼ばれていて、フランスでは「グルナッシュ」と呼ばれている品種のぶどうは、肉厚で官能的なタンニンをベースに、素晴らしい赤ワインを造りますが、この「シレックス[2012](赤ワイン)」はそのグルナッシュ60%に、フランスのコート・デュ・ローヌ地方は「ボルドー」、「ブルゴーニュ」と合わせてワインの御三家の一つとして知られていて、南フランスの焼けるような日差しをいっぱいに浴びて造られるぶどうのシラーは、チョコレートのような甘い香りが香ばしいそのシラー30%、そして、スペイン北東部のアラゴン州サラゴサ県カリニャを原産地とし、その香りは、なめし革の香ばしくもスパイシー、そして鉄やインクの香りと言われるフレーバーを持っているけれども、我が強いぶどう品種でないカラニャン10%の構成となっています。

シレックス[2012](赤ワイン)のまとめ

ネットでは全世界で争奪戦が起きていると言われているフランスの赤ワイン「シレックス[2012](赤ワイン)」が、日本でも登場しました。この赤ワインの評価はとても高く、それでいて値段が非常にリーズナブルなのにもかかわらず、その味わいは高級ワインを飲んでいるような錯覚を起こしかねない、上品この上ない味わいと香りの赤ワインが「シレックス[2012](赤ワイン)」です。

パリ農業コンクールで金賞を受賞したことからも解るとおり、その味と香りは折り紙付きなのです。ワイン愛好家はこの「シレックス[2012](赤ワイン)」をかけるよりももっと飲まずして、ワインを語れないと言うほどにその美味しさは絶品で、しかもリーズ名ブナお値段での発売は、ワイン初心者にも手軽に飲める、しかしながら、フランスを代表するワインの一つなのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top