ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ

フランスのロワール川流域のロワールワインといえば、白ワインを思い浮かべる人が多いと思いますが、そんなロワールワインの中でも見落とされていた形の赤ワインのその中でも「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」は、繊細な和風の食事と合うと密かに評判になっている赤ワインです。

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュの特徴

ロワールと言えば、コスパの高いクレマンや新鮮な味わいが鮮烈な白ワイン群が有名ですが、そんな中でもロワールで醸造された赤ワインもどうして、見落とすわけにはゆきません。

香りは、黒系の果実や小豆のような香りに加えて、花の香りを嗅ぐようなアロマが特徴的です。

その味わいは、サクランボや野イチゴのような赤い甘酸っぱく懐かしささえ覚える口当たりが、じんわりと広がってゆくなんとも名状しがたき美味しさで心を満たしてくれるのです。

ただ、この「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」には、単にノスタルジックな甘酸っぱさばかりではなく、カシスやブルーベリーなどの黒系の果実の味わいも加わり、軽い渋みが絶妙で、それが味わいにバランスをもたらし、花を添える形となっています。果物の甘酸っぱくもどこか懐かしさを感じさせる赤ワインが、「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」なのです。

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュの製造方法

熟成は法定熟成期間の倍の24ヶ月以上かけて行い、赤ワインは、最大の熟度に達したぶどうを低温浸漬します。しかし、アルコール発酵中に出る炭酸ガスは、放っておくともろみが炭酸ガスで上へ押し上げられて、醗酵の妨げになりますので、タンクの下部から液体のもろみを抜いてポンプで押し上げて上から散布するルモンタージュ作業を毎日行います。そして、アルコール発酵、マロラクティック醗酵を経て、バリックで熟成させます。

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュのぶどう品種

フランスで主に育てられ、重厚で早熟タイプのカペルネ・フラン種のぶどう50%、マルベック種としての方が名が知られていて、フランスではコット種と呼ばれているぶどう50%で醸造した赤ワインです。

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュの料理との相性

「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」は、飲んだ瞬間に鮮烈な味わいをもたらすのではなく、口に含んでからじんわりとその旨みが口中に広がってゆく赤ワインで、その繊細な味わいは、これまた繊細な旨みが魅力の日本料理との相性が抜群なのです。例えば、タレ・ソースの肉料理(例えば醤油系やおろしポン酢など)や出汁がきいた和食を初めとして、日本料理にこんなに合う赤ワインも珍しいと思えるほどに驚きを持ってその相性の良さに目を丸くするに違いありません。それ程に「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」と日本食の相性は抜群なのです。

ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュのまとめ

「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」は、白ワインの有名どころとして知られているフランスのロワール川流域で醸造された赤ワインで、これが実によく日本食に合う、ノスタルジックな味わいに甘酸っぱさとがじんわりと口中に広がってゆく旨みが印象的な赤ワインなのです。

この「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」は、口に含んだ瞬間にもうその魅惑に魅了され、また、その余韻もずっと口に残る味わい深いワインとなっています。

どこか懐かしい風味がある「ドメーヌ・デュテルトル トゥーレーヌ・アンボワーズ・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ」は繊細な味を堪能する料理に抜群の魅力を発揮します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top