ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

新酒の季節!ボジョレーだけじゃないヌーボーの楽しみ

秋が深まってくると、嬉しい新酒の季節がやってきます。
新酒とはそもそもどんなものなのか、また、その楽しみ方とは?
最も有名なボジョレー ヌーボー(ボージョレ ヌーヴォー)から、最近特に人気の高まっている日本ワインまで、各地の新酒をまとめます。

新酒とは?その楽しみ方は?

新酒はその年のブドウでつくられたワインです。
生産できる地域やブドウ品種、解禁日などはそれぞれの国や地域で異なります。
近年はマセラシオン カルボニック(=MC法、炭酸ガス浸漬法)を使い、新酒をつくることが一般的になってきました。
マセラシオン カルボニック法とは、ブドウを破砕せずそのまま密閉タンクに一杯に入れます。下の方のブドウは重さで発酵し、その時に出る炭酸ガスがタンク内に充満します。そのおかげで、ブドウの色は抽出されやすくなり、色合いが濃く、軽くフルーティーなワインになります。
熟成させず出荷され、基本的にはフレッシュなまま楽しみ、長期保存には向かないとされています。
ワインはブドウの出来によって左右されます。
そのため、1番に出てくる新酒を飲むことで、ある程度その年のその地域の傾向がわかるとされていて、良い年であるか占うひとつのヒントになります。
解禁日があり、それ以前に飲むことが禁止されているので、今年のワインはどうか?ワクワクしながらその日を待ち、収穫の喜びをともに味わうのも楽しいものです。

フランスのヌーボー

ヌーボーと言えば、ボジョレー ヌーボーが有名ですね。
フランス語の読みに近いカナはボージョレ ヌーヴォーです。
検索する際にはこちらも検索してくださいね。
ボージョレ地区はフランス北東部に位置する銘醸地ブルゴーニュ地方の最も南にあります。
毎年11月の第3木曜日に解禁されるのが、新酒であるボージョレ ヌーヴォー。
地区生産量の約3分の1を新酒が占めます。
ちなみに日本がボージョレ ヌーヴォーの最大の輸出先です。

そして、このボージョレ地区、自然派ワインの造り手が多い地区でもあるのです。
旨味がしっかりあり、ピチピチと弾けるようなフレッシュさ、ぜひ味わってみてください。
ボージョレ ヌーヴォーを美味しいと思ったことがない方も美味しく飲めるものに出会えるかもしれません。

新酒はヌーヴォー以外に、プリムールという言い方もされます。
新酒を生産できる地域は決まっており、生産可能なワインの色(赤、白、ロゼ)もそれぞれ定められています。

日本ではボージョレの赤ワインのみが有名ですが、ボージョレではロゼもつくられますし、ブルゴーニュは白、マコンは白とロゼ、ラングドックは赤とロゼなど様々な新酒がつくられています。
ボージョレ以外に日本に輸入されているものもあるので、ぜひ色々飲んでみて、好みのものを探したり、今年のワインの出来を占ってみてください。
飲食店やワインショップでも様々なイベントがあり、色々な地域、造り手の新酒が飲み比べできることもあります。
ボトルで何本も試すのは大変なので、こういった機会を利用して味わってみましょう。

イタリアの新酒ノヴェッロ

イタリアでは各地で様々なブドウが育てられています。
そのため、地方によって色々なブドウでつくられた新酒を味わうことができます。
ワイン法で定められたD.O.P.とI.G.P.のみに生産が認められており、下記の規則を守る必要があります。

醸造期間は、醸造開始から10日以内
マセラシオン カルボニック法(=MC法、炭酸ガス浸漬法)でつくられたワインが40%以上入っている
ブドウ収穫年の12月31日までに瓶詰めされなくてはならない
ブドウ収穫年の記載
消費は10月30日0時1分から
ノヴェッロを名乗れないワインにnuovo(新しい)などの新酒を連想させる言葉の表示不可

イタリア料理店ではノヴェッロを取り扱うお店も多いですね。
一口にノヴェッロと言っても、産地によってブドウ品種も様々なので、見かけたら試してみるのも良いでしょう。

日本の新酒

年々人気が高まる日本ワイン。各地で新酒もつくられています。
ワイン産地として有名な山梨では日本固有のぶどう品種である甲州と、マスカット・ベーリーAで造られた新酒のワインを「山梨ヌーボー」として、解禁日を11月3日と定めています。
ワイン祭も各地で行われます。実際に訪れることができるのも日本ワインの魅力のひとつ。
ぜひ参加して、収穫を祝い楽しみましょう。

まとめ

ヌーボー(新酒ワイン)は、ボージョレだけでなく様々な地域でつくられています。
ここでは取り上げませんでしたが、オーストリアの新酒、ホイリゲや、フランス各地の新酒など、輸入されているものも多いので、ぜひ、各地の新酒で収穫を祝い、今年のワインの出来を占ってみてくださいね。

Return Top