ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

チョコとワインの組み合わせ!オススメワインをランキング!

チョコとワインはとても合わせやすいのは皆さんはご存知でしょうか。

どちらも食べ過ぎ、飲み過ぎはよくありませんが、チョコのカカオとミルク感や、その比率によっての酸味、甘さ、苦味など実はチョコを比較するにあたって、ワインを比較するときと似たような単語が出てきます。

チョコの味とワインの味を把握していれば、あらゆる方法でお楽しみいただくことができます。

今回はどのチョコにも比較的合わせやすいものをランキングしてみました。

是非参考にしてください。

5位 モンテス・アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン

チリのワインによく出るカカオやコーヒーのような香りがチョコの甘みと非常にマッチします。

特にカカオの比率の多いチョコに関しては、このワインの酸味と合わせやすいので、安心して一緒にお召し上がりいただけます。

ワイン自体はフルボディのしっかりタイプです。

少量のメルローがアクセントになっております。

○生産者 モンテス S.A.
○タイプ 赤ワイン
○味わい フルボディ
○品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 90%、メルロ 10%
○生産地  チリ  コルチャグア・ヴァレー

4位 ヴィントナーズ・リザーヴ ジンファンデル

こちらのぶどう品種は近年大変流行のぶどう品種です。

特に果実味が多く、アルコール度数の高いもの多いので、ブランデーなどアルコールの入っているチョコとの相性は、とてもご満足いただけるものかと思います。

また、こちらのワイナリーに関しては、30年ほどの歴史の浅いワイナリーですが、常にトップクラスのワインを手がける昨今注目の生産者です。

○生産者 ケンダル・ジャクソン
○タイプ 赤ワイン
○味わい フルボディ
○品種 ジンファンデル 90%程度、プティット・シラー、バルベラ
○生産地  アメリカ  カリフォルニア

3位 フロラリス・モスカテル・オロ

醸造過程で、アルコールを添加して度数を高めているものを、フォーティーファイドワインと言います。

こちらのタイプは少々アルコール度数は高めですが、その風味と味わいはチョコの美味しさをさらに広げてくれます。

甘口のタイプのこのワインは、普段甘口を飲まない方でも好んでいただける、食前、食後にもお召し上がりいただける多様なワインです。

○生産者 トーレス
○タイプ 酒精強化・蒸留酒
○品種 モスカテル・デ・アレハンドリア100%
○生産地  スペイン  カタルーニャ

2位 シャトー・クーテ

貴腐ワインの中でも非常にバランスの良いこちらのシャトークーテは、ただ甘いだけではなく、しっかりとした酸味が残るのが特徴です。

ケミカルなニュアンスもありますが、ミルコの多めのチョコやホワイトチョコにも相性のいいワインです。

こちらのシャトーも大変歴史のあるシャトーですが、お値段は貴腐ワインの中では比較的手に入りやすいものもあるので、是非探してみてください。

○生産者 シャトー・クーテ
○タイプ 甘口白
○品種 セミヨン75%、ソーヴィニヨン・ブラン23%、ミュスカデル2%
○生産地  フランス  ボルドー  ソーテルヌ & バルサック

1位 ポメリー ブリュット ロゼ

辛口シャンパンの生みの親のポメリーはロゼシャンパンをチョコとの相性にオススメします。

実はロゼのシャンパンはどんなチョコとも相性のいいワインなのです。

あまり知られていませんが、辛口のタイプからくる酸味や果実味は、チュコの酸や甘みを快く包んでくれます。

必ずいいマリアージュがポメリーというしっかりとした造り手が表現をしてくれるでしょう。

○生産者 ポメリー
○タイプ スパークリングワイン
○品種 シャルドネ34%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ33%
○生産地  フランス  シャンパーニュ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外な組み合わせと思うかたもたくさんいらっしゃるかとは思いますが、実際に試してみると不思議な感覚でマッチします。

甘口は当然ですが、辛口のワインなどは、特に1度やっていただきたいオススメの嗜み方です。

すぐに実践できそうなものばかりなので、是非お試しください。

Return Top