ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワイン、ミディアムボディは曖昧

ミディアムボディとは

ミディアムボディとはワインをフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディなどと振り分ける際の一つの名称ですが、ミディアムボディの定義はどこにあるのでしょうか。実際ミディアムボディと呼ばれるものには濃厚なものからさっぱりとしたすっきり感のあるものまで様々です。

赤ワインと白ワイン

白ワインであればどちらかというと辛口、中口、甘口と残糖を元にしたはっきりとした基準があります。『赤ワインは全て辛口』などといった訳の分からない説明をしているサイトもありますが、赤ワインに関しても残糖によるこの基準は当てはまり、甘口から辛口まで様々です。ただ、赤ワインの場合はボディにより分けられる場合が多く、この基準は曖昧です。

品種による違い

ピノノワールはライトボディ。ミディアムボディはライトな順に、グルナッシュ、バルポリチェッラ、カルメネール、カリニャン、カベルネフラン、メンシア、サンジョベーゼ、ネグロアマーロ、バルベーラ、メルロー、モンテプルチアーノ、ジンファンデル。などとする説も出回っていますが、これも間違いです。この図を見ると最もライトなピノノワールを原料にフルボディのワインは作れそうにありませんが、ピノノワールのワインはほとんどがフルボディと表記されています。確かに渋味の程度で分けるのであればこの図に当てはまるかもしれません、つまり渋味=ボディの厚さということではないということです。

アルコール度数

残糖(甘味)、渋味が基準ではないということは他に基準となるとしたらアルコール度数でしょうか、そう思うかもしれませんが実はこれも違います。なぜならライトボディと表記されているものでもアルコール度数はフルボディと変わらないものがあるからです。

ボディの厚さ

フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディ、の話が出る際にボディの厚さという表現がされます。この厚さという言葉が実はヒントになっていて謎を解き明かす鍵なのです。何の厚さかというとそれは味や香りの層の厚さのことで、一言で表せばその基準はコクという言葉が当てはまります。ワインに対するコクとは味や香りの種類の多さのことで、言い換えれば複雑味ということになります。フルボディ、ライトボディの二つを分けるのであれば、どんな人にもはっきりわかる基準になるのですが、ミディアムボディというものを入れてしまうとその基準は曖昧です。なぜなら人により味覚や臭覚が微妙に異なるので、ボディを呼び分ける際のボーダーラインが非常に曖昧になってしまいます。つまり、ミディアムボディというものは人の主観が基準になっているものなのです。古くからワインは飲んでみなければ何も分からないと言われていますが、こういったところにもそれは当てはまるかもしれません。

まとめ

辛口、中口、甘口といった分け方と混同されることが多いボディによる分け方ですが、残糖による甘味が基準となるそれとは異なり、ワインのコクが基準になっています。ただ感じ取れるコクは人により微妙に異なるため、中間に位置しているミディアムボディは非常に曖昧な基準により成り立っています。そのため、ミディアムボディのワインが本当にミディアムボディかということは自分自身が飲んでみなければ分からないということです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top