ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ミディアムボディの高級ワイン

ミディアムな高級ワインたち

高級ワインというと、濃厚で力強いワインを想像してしまう人が多いと思いますが、ミディアムボディの高級ワインも沢山あります。ミディアムボディの高級ワインの特徴として、濃厚で力強いフルボディの高級ワインと比べると、エレガントさが評価されているものが多く、渋味の強いワインが苦手な方でも安心して楽しめるのでオススメです。

シャトールパン

ミディアムボディの高級ワインとしてまず挙げられるのがシャトールパンでしょう。シャトールパンはシャトーペトリュスと並び、ポムロール2大高級ワインのひとつに数えられていますが、同じくメルロー主体のシャトーペトリュスよりも優しくエレガントなため、ミディアムボディの高級ワインの中でも一番親しみやすいワインかもしれません。シャトールパンは年間製造数が年間8000本と少量生産なので、ガレージワインブームの火付け役とも呼ばれています。少量生産で手入れが行き届いているため、ブドウを限界まで完熟させてから収穫できるので、通常はシャトーペトリュスよりも収穫期が遅いです。さらに、丁寧な作業が要求される新樽発酵槽で一次発酵を行っています。

シャトーペトリュス

シャトールパンと共にエレガントなメルローの代表格がシャトーペトリュスです。ミディアムボディとされることも多いですが、シャトールパンよりは濃厚で力強さが魅力なタイプに近いワインです。1889年のパリ博覧会で金賞を受賞したことにより有名になりましたが、マダム・ルーバ所有になったのは20世紀半ばからでした。セカンドラインのワインを作らないという程の徹底ぶりで、ポムロールの丘最上部にある畑はポムロールの象徴です。現在では5大シャトーのワインよりも高値で取引される程にまでなっており、世界で最も高価なワインの一つです。

エマニュエル・ルジェ、クロパラントゥ

ブルゴーニュのワインはエレガントなものが多いですが、クロパラントゥはまさにエレガントさを極めた逸品。ミディアムボディとされることも多く、それは原料になるピノノワール種の飲み口の良さからくるのでしょう。このクラスのグランクリュを飲むと、偉大なワインを作る才能は畑にこそあると感じさせてくれますが、やはりワインの神様とまで言われた叔父のアンリ・ジャイエと共に、若い頃からこの畑の世話を大切に行ってきたエマニュエル・ルジェだからこそ、この特級畑のポテンシャルを充分に引き出す事が出来るのでしょう。畑の一部分のブドウの味が異なったため、そこのブドウを掘り返すと大きな岩盤があり、叔父のアンリジャイエと共にダイナマイトで岩盤を破壊したという逸話が有名です。

DRC.リシュブール

エレガントなワインの頂点と言われ、クロパラントゥの兄貴分的存在がリシュブールです。アンリジャイエが名声を得た畑としても有名であり、DRCの有する畑の中でもトップクラスのものとしても有名です。フィロキセラ禍によりアメリカブドウに接ぎ木されたブドウがほとんどになった時代でも、同社所有のロマネコンティと共に最近まで自根栽培が残っていました。その結果しばらくの間リシュブールは単なるリシュブールの他にリシュブールヴィユーセパージュ(古木仕込み)の二通りのワインが仕込まれました。しかし、1945年10月にロマネコンティとリシュブールのフィロキセラ禍以前の木は引き抜かれました。接ぎ木の準備中に事故が起きたために1947年まで休耕されましたが、この年ラターシュから接ぎ木された苗が植えられました。DRC社のピノノワールは全てが4世紀にわたって選別されてきたクローン群ですが、一つ一つ個性が異なります。そのため、ワインが複雑な味わいを持ち、より素晴らしいものになっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top