ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

メドックのワイン

ワイン王国メドック

ワインと言えばまず思い浮かぶのがメドックでしょう、メドックとはフランスのボルドーにある有名ワイン生産地で、ボルドーの名だたる高級ワインのほとんどはメドック地区で作られています。その特徴は、カベルネソーヴィニヨンが多く使われるため、カベルネソーヴィニヨン特有の力強さが目立つワインが多いですが、高級ワインのほとんどはそれに加え、メルロー由来のエレガントさ、プティヴェルド由来の野性味を兼ね備えています。

メドック地区の品種

メドック地区の品種としてまず挙げられるのは、やはりカベルネソーヴィニヨンです。カベルネソーヴィニヨンはカベルネフランとソーヴィニヨンブランの交配種で、赤ワイン用品種の王様とも呼ばれます。特徴は強いタンニンとスモーキーな特殊な香りを持つことです。成長しようという力が強いため、通常のワイン用品種よりも栄養が少なく、かつ水はけがすこぶる良い砂利質土壌で栽培されることが多いです。つぎに挙げられるのはメルローです。メルローはマドレーヌノワールデシャラントとカベルネフランとの交配種です。メルローはボルドーワインにとってはなくてはならない最重要品種で、この品種があったからこそ五大シャトーが存在すると言っても過言ではありません。粘土質土壌を好み、酸性土壌でも良く育つため日本でも広く栽培されています。プティヴェルドは果皮の風味が強く、野性味を与えるためにわずかな量だけブレンドされる縁の下の力持ち的な品種です。他にも白のソーヴィニヨンブランやミュスカデルそしてセミヨンなどがあります。

五大シャトー

シャトーラトゥールを筆頭に、五大シャトーというボルドーワインの頂点が存在しています。シャトーラトゥールはブルゴーニュのラターシュのように、不作のない不動のワインの1つです。 非常に力強いのが特徴ですが、若いうちの渋味もなかなかのものです。シャトーマルゴーはそれとは相対的に非常にエレガントかつ繊細でメルローの良いところを余すことなく全て凝縮しています。シャトームートンロートシルトは唯一格付けが昇級したことが有名ですが、古くからここのワインは評価が高いため、まぁ当然の結果とも言えます。シャトーラフィットロートシルトはエレガントさと力強さが入り混じるバランスの良いワインです。シャトーオーブリオンは唯一メドック地区以外の地区から選ばれたグラーヴ地区のワインです。香りの高さが他に類を見ないほどなので非常に人気が高いです。

メドックマラソン

メドック地区ではメドックマラソンと呼ばれる仮装マラソンが有名で、年ごとに異なるテーマにあわせてコスプレをして走ります。1㎞ごとにワインを飲める場所が20箇所以上設置されており、生ガキやステーキ、チーズ、アイスなども提供されます、そういった場所はシャトーに入り込んだところにある場合があるなど畑とシャトーを楽しめるため、1度は行ってみては如何でしょう。42.195㎏を制限時間の6時間30分以内で完走するとグラスやメダルと共にワインが1本もらえます。そのワインの銘柄は一人一人異なります。優勝者は自分の体重分のワインがもらえるだけあって毎年8500人のランナーと3000人ものボランティアが参加しています。その内日本人は500人もいるそうです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top