ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

今さら聞けないワインの高級銘柄

ワインの頂点

ワインの味わいの基準を知り、評価をするのにはその味わいの頂点を知っておく必要があります、1本1本ワインの飲み頃は異なるので一概には言えませんが、高級銘柄のほとんどは他をはるかに超えた先のクオリティにいるワインが多いです。

ロマネコンティ

DRCのロマネコンティはワインを知らない人でも知っているほどの知名度がありますが、値段も凄まじく高くとても手の届くものではありませんが、試飲会などで稀に一杯(二くち三くち分ほどですが)数万で飲める場合があります。その素晴らしさはワインを飲みはじめたばかりの人には全くわからないと言っても良いワインですが、同社所有の他の畑で生まれたワインを飲んでからロマネコンティを飲むと、これほどバランスが良く全てが秀でている芸術的なピノノワールは他にはないという事がわかります。非常に小さな区画から、多すぎず少なすぎず丁度良い量が作られるため、生産量がとても少なく値段も世界一のワインです。

モンラッシェ

ブルゴーニュのトップに君臨する白ワインがモンラッシェです。モンラッシェの味わいは、ハチミツのような香りやジャスミンのような香りを持つため、その素晴らしさは誰が飲んでもわかるほどです。もし誰かにプレゼントするかとしたらこのモンラッシェが良いかもしれません。世界中で秀逸なワインが作られているシャルドネ種より作られているワインですが、世界中のどのシャルドネと比べてもはるかにクオリティが高く、畑による違いがこれほどのものだということを分からせてくれるワインです。

シャトーラトゥール

ボルドー五大シャトーのトップに君臨するのがラトゥールですが、正にボルドーといったイメージの力強いワインが多いです。しかし本来は力強さの他にもエレガントさとまろやかさを合わせ持つ飲み口の良いワインで、日本ではカーヴで熟成することがあまりないことから、本来の力を発揮していないことがほとんどです。

シャトーマルゴー

マルゴーほど日本で有名なワインは他にはありません、ボルドーのエレガントさを極めたようなワインが多いです。しかし、味わい深く余韻が長いため力強いと感じる人もいるかもしれません。メルローの香りが心地よく非常にクオリティの高いワインですが年々良くなっていくため、もう一度メドック格付けがやり直されるとしたら五大シャトーの筆頭はマルゴーになるのではないかとも言われています。

シャトーディケム

シャトーディケムは言わずト知れた貴腐ワインの帝王です。発売前からお得意様から予約が集中するほどで、その人気は絶大です。しかし、稀に貴腐菌がつかず貴腐ワインが作れない時もあるらしく。そういったときには空のボトルにすでに完成していたラベルを張って予約者に送るそうです。その味わいは日本産の貴腐ワインなど比ではなく、バランスの良さと深みのある味わい、豊かな貴腐香が混じり合ったスケールの大きいワインです。

サントリー津軽ピノノワール

日本ワインでトップクラスのワインをあげるとしたらこのサントリー津軽ピノノワール2013です。色が薄すぎるのだけは難点ですが、味わいや香りはブルゴーニュのグランクリュと同程度のレベルです。3000円程度と、普段飲み用には少し高値ですが、無理せずに飲める日本ワインのグランクリュと言っても過言ではありません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top