ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインを楽しむマナー

ワインのマナー

食事を楽しむためのテーブルマナーは沢山ありますが、ワインそのものを楽しむマナーにはどういったものがあるでしょうか。例えばテイスティングにも一応の手順などがございます。

手順や決まり

テイスティングの際の手順はまずワイングラスを傾け色を見てから香りを嗅ぎ、次にスワリング(グラスを回すこと)をして、ワインに酸素を含ませることにより現れる香りを出現させその香りを確認し、次に口に含み味わうというものです。ですが、実際には色々なやり方をする人がおり、ソムリエコンテストなどを見ていてもわかりますが、鼻をかなりワインに近づけ液面に鼻がつくほどの人もいれば、グラスの縁くらいのところから嗅ぐ人もいます。スワリングに関していっても優しく数回まわすだけの人もいれば、激しく回す人もいます。しかし、マナーとしては液面につくほどに鼻を近づける人や激しくスワリングを行う人は卑しく見えると判断されるため原点です。特にスワリングは激しく行うことにより芳香性成分が一気に揮発するため、香りを分析するためには良いかも知れませんが、ワインそのものを味わうならば、本来の味のバランスが壊れてしまうため避けるべきです。

日本人の固定観念

ワインを語る際のマナー、例えば日本では赤ワインは肉料理に、白ワインは魚料理に、などと形式ばった考えを持つ人が多いですが、そういった考えを語るのは危険です。実際はそんな単純なものではなく、魚介に合う赤ワインや肉料理に合う白ワインもありますし、逆に赤ワインに合う魚料理や白ワインに合う肉料理があります。ワイン発祥の地グルジアでは魚介料理も肉料理も赤ワインを合わせます。そもそも日本で魚料理に赤ワインが合わないとされるのは、バブル期に流行ったボルドーワインの品種に鉄分を多く含む品種が多かったからで、鉄分が酸素にふれて酸化する時にそれにつられて収斂作用で急激に魚の脂が酸化するために生臭い香りが生まれます。例えばブルゴーニュでは池で養殖された魚を用いた料理に赤ワインを合わせますが、ブルゴーニュワインに利用されるピノノワールという品種が鉄分をあまり含まないためです。このようにワインの世界は複雑で奥深いものなので、ワインを語る際に“合わない”という否定的な言葉を使うのは、マナー違反だといえます。

香りも気を付ける

香りのマナー違反というものもあります。最近ワインの世界にも人気漫画というものがあるらしく、そういった物が流行るにつれて若い女性が試飲会に現れることが多くなりました。それそのものは大変喜ばしいことなのですが、残念ながら香水という問題が現れることになりました。特に女性用香水に多いマスカットやシトラスなどのフルーツ系の香りがするとワインの識別の際ワインの香りに香水の香りが混じってしまうことがあるのです。しかし最近では女性だけでなく男性用の整髪料にもリンゴやシトラス系の香りを持つものがポピュラーになっているので、男性も注意が必要です。そういった外からの香りは、テイスティング結果を狂わすだけでなく生産者の努力の結晶であるワインの評価にも響いてしまうので、香りのマナーにも気をつけましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top