ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

日本人が求める無添加ワイン

無添加ワイン

そもそも無添加ワインとはどこからどこまでを言うのでしょうか?自然の状況によって糖度の上がらない年はワインの醸造の際にブドウ糖の添加が許されているところも多く、南国など暖かい地域で酸度を保てない地域であれば酸の添加を認められている国もあります。それから多くの地域ではワインの清透のためにベントナイトや卵白を用いていることも忘れてはいけません。

ビオワイン

無肥料無農薬でブドウを栽培し、酸化防止剤無添加で天然の酵母のみで発酵を行ったワインが、日本人が求める無添加ワインであることはあきらかですが、そのようなワインを見つけるのは非常に困難でしょう。そこまでいかなくても有機肥料や有機栽培用農薬を用いて栽培している生産者も沢山いるのでそういったものを探すのが一番かも知れません。

亜硫酸塩

健康に気をつけている日本人は人体に害がない程度だとわかっていてもその危険性を無視できない性格の人も多いでしょうが、よく人体に害があるワインの添加物として叫ばれる亜硫酸塩は、量が最適であればワインを悪質な雑菌から守ってくれるため、むしろ安心してワインを飲むためには必要です。更に長期熟成に耐えるようになるので、ワインを熟成させて楽しむことが出来るのも亜硫酸塩のおかげです。よく亜硫酸塩が入っているワインを飲むと頭痛がするという人がいますが亜硫酸塩にそんな効果はなく、人体に入ってもほとんどが尿として排泄されます。実際に頭痛を起こしているのはチラミンという物質で、血管を広げ膨張させるために神経を刺激します。しかしそれはワインのおかげで血行がよくなった証拠なので無添加ワインでも起きる場合が充分あります。

亜硫酸塩は自然物質

そもそも自然界のあらゆるところに存在する自然物質である亜硫酸塩はワインの他にも色々なものに含まれていますし、酸化防止剤としてもワイン以外のものに幅広く利用されています。もし亜硫酸塩を100%気にするのであれば、人類の食事はとても質素なものになってしまいます。もちろん無添加ワインであっても酵母の代謝により亜硫酸塩が生まれるため、亜硫酸塩を含まないということはありません。通常の接種量であればほとんど問題が起こらないはずですが、もしも亜硫酸塩が問題を起こすとすれば胃の方で、胃腸の弱い方は多量に接種すると胃に出血が生じる場合がありますので、ほどほどにするようオススメします。

無添加ワインの楽しみ方

無添加ワインを熟成させることが出来ないかと言えば必ずしもそうではなく、伝統的に無添加ワインを作っている生産者や、無添加ワインを上手く熟成させて出荷する所もあります。しかし多くの地域では製造中に雑菌が入ってしまうと、1年の努力が全くの水の泡になってしまい、生産者は廃業に追い込まれてしまうために無添加は行われません。しかしそのほとんどが25ppm~110ppm程度で、例えるならば水に砂糖を入れても味がわからないくらいの量です。しかし、無添加ワインは生産者がより一層丁寧に作るためか味が良いものが多いのも事実です。そういった観点から無添加ワインを選ぶというのであればワインの楽しみ方がまた1つ増えることになるのかも知れません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top