ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

フランスで一番人気のワインの教科書、『ワインは楽しい!』邦訳版についてご紹介!

「ワインのことをもっと知りたいけれど、難しそうだから…」と、諦めてしまっている方も少なくはないのではないでしょうか?確かに、ワインの勉強には横文字がたくさん出てくるので、敷居が高いと感じられる方も少なくないでしょう。そんな方にぜひ一度読んでいただきたいのが、フランスで最も支持されるワインの教科書、『ワインは楽しい!』です。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、『ワインは楽しい!』の邦訳版について紹介します。

イラスト豊富で読みやすい!

ワインの本や教科書というと、聞き慣れない横文字の単語がやたらたくさん出てきて、途中で読むのが嫌になってしまうこともあるでしょう。そんな方でも楽しく読めるのが、フランスでベストセラーとなった『ワインは楽しい!』の邦訳版です。
イラスト中心の構成となっていて、初心者の方でも読みやすくなっています。専門的な内容も、イラストと共に説明されているので、イメージが湧きやすいでしょう。例えるならば、大人向けのワインの絵本といったところです。肩肘張らずにリラックスしながら読めますよ!

充実の内容

『ワインは楽しい!』の邦訳版は、決してワイン初心者の方だけのための本ではありません。240ページにもわたる同書は、ワインの知識がある方が読んでも様々な発見ができ、十分楽しめる内容となっています。
具体的には、ホームパーティーでのワインの楽しみ方や、ワインテイスティングの心得、各種ワインの醸造法、世界のワイン産地紹介、ワインに合う料理、料理に合ったワインの選び方、保存方法など、ワイン愛好家の方なら知っておきたい情報が満載なのです!しかも、すべてがカラーのイラスト付きで説明されているので、非常にわかりやすいことも魅力的ですね。
読み終わったころには、ワインについて格段に詳しくなれること間違いないでしょう!そして、何度でも読み返したくなってしまう面白さです!

著者紹介

著者:オフェリー・ネマン
ワインジャーナリスト、ブロガー。 2009年よりフランスのル・モンド紙のウェブ版に、「ミス・グルグル(ワインを注ぐ時の音を表す擬声語)」というペンネームでワインについて軽妙に綴ったブログを掲載し、人気を集めています。
主な著書として、『Le vin pour ceux qui n’y connaissent rien(初心者のためのワイン入門書)』(L’Etudiant社/2012年)、『Boissons et seduction(お酒と恋の駆け引き)』(Delcourt社/2014年)などがあります。

イラスト:ヤニス・ヴァルツィコス
パリとビアリッツで活躍するアートディレクター・デザイナー。書籍のイラストレーションだけでなく、レストランや服飾、インテリア雑貨のデザインなど、様々な分野で活躍しています。

邦訳:河 清美
東京外国語大学フランス語学科卒。翻訳家、ライターとして活躍し、『フランスAOCワイン事典』(三省堂)の共著、『パリジェンヌの刺繍』(主婦と生活社)の翻訳などの実績があります。

基本情報

『ワインは楽しい!』
単行本(ソフトカバー): 240ページ
出版社: パイインターナショナル
発売日: 2015/12/11

まとめ

いかがでしたか?ワインは知れば知るほど楽しくなる奥深いお酒です。ワイン大国フランスでも大人気のワインの教科書、『ワインは楽しい!』の邦訳版で、ちょっとお洒落にワインの勉強を始めてみませんか?ワインの知識を深め、より充実したワインライフを送ってくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top