ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの味は温度で決まる!?ワインの正しい冷やし方

人間の味覚は面白いもので、同じものでも温度によって味の感じ方が変わってきます。そのため、どんなに美味しいワインでも、そのワインにとって不適切な温度で飲むと、その美味しさが損なわれてしまいます。それでは、ワインを適切な温度で飲むには、どのように冷やしたら良いのでしょうか。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、人間の味覚の特性と、ワインのタイプごと適温や冷やし方について解説します。

 

人間の味覚の特性

ワインの味は、甘味、酸味、渋み、苦味で構成されていますが、これらの味わいは温度によって左右されてしまいます。そこで、ワインの適温を考えるにあたり、まずは人間の味覚の特性について押さえておきましょう。

甘味については、温度が高くなると強く感じられ、低いと感覚が鈍くなります。そのため、甘口のワインは、冷やし方が不十分だと甘ったるく感じてしまいますが、しっかり冷やすと甘さが適度に抑えられ、引き締まった味わいになります。

酸味については、温度による変化が比較的少ないと言われています。しかし、ワインに含まれる酸味は、低い温度では清涼感を感じられますが、高い温度ではやや不快に感じられる傾向にあります。

渋みや苦味については、低い温度では甘味が抑えられるため、強く感じられる傾向にあります。逆に、温度が高くなると感じにくくなります。

 

赤ワインの適正温度

赤ワインの場合、冷やすほどに渋味を強く感じてしまいますが、温度を上げ過ぎてしまうと、ワインの持つフルーティさがなくなり、味がぼけてしまいます。

タイプごとの適正温度は下記の通りです。

・ライトボディの赤ワイン→10℃~14℃

・ディアムボディの赤ワイン→14℃~16℃

・フルボディの赤ワイン→16℃~18℃

・熟成が進んだ赤ワイン→16℃~20℃

なお、「赤ワインは室温で」と言われることもありますが、これはあくまでヨーロッパの室温が想定されているため、18℃前後のことを指しています。日本の夏場などは、室温が25℃を超えることも少なくないため、赤ワインでも少し冷やした方が美味しくいただけます。

 

白ワインの適正温度

白ワインの場合、冷やした方が酸味も引き締まり、白ワインの持つフレッシュな味わいも引き立ちます。だからといって冷やし過ぎてしまうと、風味や香りが損なわれてしまいます。

タイプごとの適正温度は下記の通りです。

・軽めのタイプの白ワイン→5℃~10℃

・コクのある重めのタイプの白ワイン→10℃~14℃

 

ワインを適温で飲むための冷やし方

赤ワインについては、1時間程度を目安に冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。ただし、冷やし過ぎると美味しさが損なわれてしまうので、くれぐれも入れっぱなしにしないよう注意しましょう。

白ワインやスパークリングワインについては、冷蔵庫に入れっぱなしにしておいたものをすぐに飲んでも問題ありません。ただし、重めのタイプのものは、ワインを飲む少し前に冷蔵庫から出しておき、室温で少し温度が上げておくと良いでしょう。また、常温の状態の白ワインをすぐに冷やしたい場合は、氷水に入れて10~15分冷やすと飲み頃になります。

 

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したように、ワインをベストな状態で味わえるよう、ワインの温度や冷やし方にも気を配ってみてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top