ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインは太る?ダイエット中でも安心の太りにくいワインの飲み方があった!

お酒を飲むと太るというイメージをお持ちの方や、飲み会が続く年末年始は特に体重増加が気になるという方もたくさんいらっしゃるでしょう。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、気になるワインのカロリーやダイエットとの関係性、太りにくいワインの飲み方について解説していきます。

ワインのカロリーってどれくらい?

ダイエット中は特に気になる、食べ物や飲み物のカロリー。それでは、ワインのカロリーはどれくらいなのでしょうか?ワイン100mlあたりのカロリーは、一般的に、赤ワインや白ワインで73kcal、スパークリングワインで100kcal程と言われています。
ご飯100gのカロリーが168kcalなので、グラス2杯(1杯約120㎖)も飲めば、あっという間にご飯100gのカロリーに到達してしまいます。こうして見ると、ワインは高カロリーで太りそうなお酒のように思えてきますが、実はそうとも言い切れないのです。

ワインのカロリーは「エンプティーカロリー」!

ワインに限らず、お酒のカロリーはエンプティーカロリーと言われています。エンプティーは日本語に訳すと「空っぽの」という意味になりますが、このようなカロリーは体内に蓄積されず、糖質や脂質よりも優先的に熱として放出されるのです。つまり、アルコールのカロリーは、摂取しても体に吸収されないカロリーなのです。

ワインを飲むと太るのはなぜ?

それでも、ワインを飲み過ぎて太ってしまった経験のある方も少なくないでしょう。その最大の原因は、ワインと一緒に食事にあったのです。
一般的にワインと合うとされるチーズや肉料理、パスタなどは、糖質や脂肪分を多く含んでいたり、高カロリーであることが多く、肥満の原因になりやすいのです。
また、ワイン自体に食欲を増進させる効果もあるため、いつも以上に食が進み、つい食べ過ぎてしまうということもあります。

ワインとダイエット

「ダイエット中だけどワインは飲みたい」「ワインは飲みたいけれど、体型も維持したい」という方のたくさんいらっしゃるでしょう。
それでも、せっかく美味しいワインを飲むのに、やたらカロリーを気にして食事制限などをしたら、楽しさも半減するどころか、ストレスも溜まってしまいますよね。そんなときは、次に紹介する太りにくいワインの飲み方を実践してみてください!

太りにくいワインの飲み方

ワインで太ってしまう最大の原因はワインと一緒に摂る食事にあります。そこで、できるだけ低カロリーの食事を選ぶことが最も効果的な方法です。サラダや野菜スティックなどの野菜料理や、カルパッチョやアクアパッツァなどの魚介料理などがお勧めです。また、調理方法についても、揚げ物よりも焼いた物や蒸した物などを選ぶといいでしょう。
そして、空腹でワインをたくさん飲むと、アルコールが回りやすくなり、どんどん食欲が増進してしまいます。そのため、おつまみなどを軽く食べてからワインを飲むようにしましょう。
また、デザートワインやサングリア、ワインを使ったカクテルなどは、甘い分糖度も高いため、ダイエット中は気を付けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したように、ワインそのものというより、ワインのお供のカロリーが太る原因だったのです。ダイエット中の方はおつまみ選びなどに配慮して、ぜひご家族やご友人達とワインを楽しんでくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top