ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの評価は毎年違う!?ワインのヴィンテージについて解説!

ワインに「あたり年」や「はずれ年」と言われる年があることをご存知でしょうか。ワインの原料となるぶどうは、その年の気候条件などによって味わいが変化し、それがワインの風味へ大きく影響を及ぼすのです。このぶどうの収穫年のことを「ヴィンテージ」と言います。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、ワインのヴィンテージについて解説します!

ヴィンテージとは

ヴィンテージとはワインの原料となるぶどうの収穫年のことで、ワインのラベルに記載してある年号がこれにあたります。

なお、ヴィンテージの記載のある「ヴィンテージ・ワイン」だからといって、必ずしも優れた年のワインであるとは限らず、産地表示のあるワインでは多くの場合、できの良し悪しに関わらずヴィンテージが記載されます。

ただし、シャンパンとポートワインについては例外で、これらのワインの場合は特に優れた年にのみヴィンテージものがつくられます。

ヴィンテージの入ってないワイン

ラベルにヴィンテージが記載されていないワインも数多くあります。このようなワインのことを「ノン・ヴィンテージ・ワイン」といいます。

ノン・ヴィンテージ・ワインには、複数の収穫年のぶどうが使われています。シャンパンをはじめ、多くのスパークリングワインは一般的にノン・ヴィンテージです。

ノン・ヴィンテージ・ワインは、毎年同じ安定的な美味しさを楽しめる点がその最大の魅力だと言えるでしょう。

年によって評価が異なるのはなぜ?

ぶどうは農作物だけに、その年の気候条件によって、できの良し悪しがわかれます。雨の多い涼しい夏を越したぶどうは、水っぽく酸っぱいワインを生み出す傾向にあり、反対に晴天に恵まれた年のぶどうから作られるワインは、力強く凝縮された味わいになる傾向にあります。

このように、同じ産地の同じ畑のワインであっても、その年の気候に味が左右されるのです。もちろん「あたり年」とはいっても、醸造法が良くなければ美味しいワインにはなりませんが、ちょっと奮発して高級なワインを購入する際は、産地やぶどう品種だけではなく、ヴィンテージにも気を配ってみてはいかがでしょうか?

ヴィンテージごとの評価がわかる「ヴィンテージ・チャート」

ヴィンテージ・チャートとは、年ごとのワインのできの良し悪しを地方別に表にしたもので、丸の数や星のマークでその評価を現しています。ヴィンテージ・チャートはワインのショップに行けば用意があるので、店員さんに相談してみるといいでしょう。また、インターネットのサイトなどでも閲覧することができます。

同じワインの異なるヴィンテージを飲み比べてみよう!

もしお気に入りの産地や銘柄のワインがあれば、ぜひ同じワインの異なるヴィンテージのものを飲み比べてみましょう。いかに気候がワインに与える影響が大きいかを知ることができます。なお、古いヴィンテージのものを飲むときは、飲む前にデカンタージュをしてあげると、香りも開き、本来の味わいが楽しめるようになります。

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したように、同じワインでも年によってその評価が異なるのです。それが大きなワインの魅力の一つでもあるので、ぜひ色々なヴィンテージのワインを試してみて、あらゆる年の味を味わってみてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top