ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

フルボディのワインってどんなワイン?ワインの「ボディ」について解説!

ワインの説明で、「フルボディ」や「ミディアムボディ」という表現が使われることがあります。これらの言葉は一体どんなワインのことを表しているのでしょうか?ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、ワイン用語の一つであるワインの「ボディ」について解説します。

ワインの「ボディ」とは

「ボディ」とは主に赤ワインの味わいを評価する際に使われる言葉で、ワインを口に含んだ時の重量感や濃さ、ワインのコクや力強さを表現するときに用いられます。ワインにしっかりとこれらの要素が感じられた場合、「しっかりとしたボディ」と表現することもあります。
そして、ワインの「ボディ」には、「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の三つの種類があります。以下、それぞれの特徴について詳しく解説していきます

フルボディ

濃厚で重厚感があり、力強く芳醇なタイプのワインのことを言います。渋味もしっかりと感じられるフルボディのワインには、渋味の元となるタンニンという成分が多く含まれているため、ワインの色が濃いこともその特徴の一つです。
一般的に、暖かい地域で栽培されたぶどうは完熟して糖度が高くなるため、暖かい地域のぶどうを使用したワインは、果実の凝縮感のあるフルボディのワインになりやすくなります。
また、カベルネ・ソーヴィニヨンやシラーなど、果皮が厚くてタンニンが豊富なぶどう品種から作られるワインも、フルボディになりやすいと言われています。しかし、収穫時期や醸造方法などもボディに影響を与えるため、これらの品種のワインだからといって、必ずしもフルボディになるわけではありません。
また、樽で長期間熟成をされたワインも、樽の成分がワインに移り、独特のコクと香味が生まれ、フルボディのワインになります。

ミディアムボディ

中程度の濃厚さで程よいコクのある、フルボディとライトボディの中間的な位置づけのワインのことを言います。一般的なワインのショップなどで、一番多く見かけるのがミディアムボディのワインです。
重すぎず軽すぎないミディアムボディのワインは、料理にも合わせやすく、様々なシーンで活躍してくれます。

ライトボディ

渋味が少なく、軽快でフレッシュなタイプのワインのことを言います。渋味の元となるタンニンが少ないため、ワインの色が薄いこともその特徴の一つです
赤ワイン特有の渋味や重厚感が強くないため、ワイン初心者でも飲みやすいタイプのワインです。
代表的なライトボディの赤ワインには、フランスのブルゴーニュ地方のピノ・ノワールやボジョレー・ヌーヴォーなどがあります。

フルボディのワインは高級なワイン?

ボルドーなどの高級ワインにフルボディのワインが多いため、フルボディのワインが高級というイメージが浸透しているようです。しかしながら、それは誤った認識です。
どのようなタイプのワインにもそれぞれの魅力があり、価格設定も産地や生産方法、銘柄などによって様々です。そのため、ボディをワインの良し悪しや高級か否かの基準にすることはできないのです。

まとめ

いかがでしたか?ここでは、ワインの「ボディ」について解説しました。ぜひ様々なボディのワインを味わって、それぞれの良さや魅力を感じとってみてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top