ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの発祥の地ってどこ?長くて深い世界のワイン史

今から遡ること何千年も前から造られていると言われるワイン。そんなワインには、人類と共に歩んできた長くて深い歴史があるのです。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、古代におけるワインの発祥の地や、世界のワイン史を紹介します!

古代のワイン史

ヨーロッパとアジアの狭間に位置するグルジア(ジョージア)では、なんと今から約7000~5000年前にはワインの醸造がされていたそうです。そんなグルジアは、ワインの発祥の地と言われています。また、グルジアとイランの間に位置するアルメニアでは、約6000年前のものとされる世界最古のワイン醸造所跡が発見され、その頃には高度なワインの醸造技術が確立されていたとされています。

それ以後は、メソポタミアを中心とする地域で、広くワインが飲まれるようになりました。なお、世界最古の文献であるメソポタミアの『ギルガメシュ叙事詩』には、ワインの生産についての記録があります。

各地へ広がるワイン

メソポタミアで生まれたワインは、地中海を渡って西へ進み、人類初の都市国家であるギリシャへと伝わりました。ギリシャ神話ではディオニュソスが葡萄酒(ワイン)の神とされ、人々から崇拝されました。

その後さらに西へ進んで、紀元前600年ごろにはワインはローマ帝国に伝えられ、ローマ帝国の領土拡張に伴い、フランスやドイツなどにも伝えられていきました。この時代に確立したワインの製法が、現代の製法に通じると言われています。

キリスト教とワインの深い関係

ヨーロッパを中心に、世界で最も信仰者数が多いと言われるキリスト教。イエス・キリストが最後の晩餐で、ワインを自らの血である、と表現したことから、キリスト教の儀式にワインは欠かせないものになりました。そのため、キリスト教の儀式を執り行う修道院では、ワイン造りが盛んに行われるようになりました。

世界各地にワインが広がった大航海時代

15世紀の中ごろには、ヨーロッパ人が海を渡ってインドやアジア、アメリカなどの新大陸への進出を繰り広げました。そして、キリスト教の布教と共にワインの製造方法が伝えられ、現在ワインの名産地として知られるアメリカのカリフォルニアやオーストラリア、チリ、アルゼンチンなどでも、この頃からワインの生産がされるようになりました。

日本のワインの歴史

日本に初めてワインを持ち込んだとされる人物は、ポルトガルからキリスト教の宣教師として日本にやって来たフランシスコ・ザビエルです。当時、日本で初めてポルトガルから献上されたワインを口にした人物は、織田信長だと考えられています。信長が飲んだ赤ワインは、当時「珍陀酒(ちんたしゅ)」と呼ばれていました。赤ワインはポルトガル語で「ヴィニョ・ティント」ですが、この「ティント」が「ちんた」になり、「珍陀酒(ちんたしゅ)」と呼ばれるようになったと考えられています。

なお、日本で初めてワインの生産が始まったのは明治時代以降です。山梨県の甲府市に日本最古の醸造所が作られ、その後ワイン造りが全国へと広がりました。

まとめ

いかがでしたか?人類の歴史に密接に関連したワインの歴史は、知れば知るほど奥深いものなのです!ワインが多くの人を魅了してやまないのは、古代から人類と歩みを共にしてきたからなのかもしれないですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top