ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインといえばフランス!フランス地方別のワインとその特徴

ワインの品質の高さやワイン文化で世界をリードし続けているフランス。ボルドーやブルゴーニュが有名ですが、他にも多くの地域で個性的なワインが生産されています。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、フランスの5つの代表的なワインの産地と、そこで生産されるワインの特徴について紹介します。

ボルドー地方

ボルドーの地名の語源は「水のほとり」を意味する言葉から来ています。その名の通り、ボルドー地方は豊かな川に恵まれた土地です。
「世界の酒蔵」とも呼ばれ、上質なワインの産地として知られているボルドーでは、その地区ごとの土壌などの違いにより、特色の異なるワインが生み出されています。ボルドーの中でも特に有名なメドック地区では、1855年に赤ワインの格付けがなされ、ここで1級を獲得したシャトー・マルゴーなどの5つのシャトーは、「5大シャトー」と呼ばれています。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどの品種で造られた、どっしりとした重さと渋味のある赤ワインが有名ですが、ソーヴィニヨン・ブランなどの白ワインや、甘口の貴腐ワインも多く生産されています。特に、ソーテルヌ地区は貴腐ワインの世界3大産地の一つに数えられています。

ブルゴーニュ地方

ボルドーと並ぶワインの名産地で、「偉大なぶどう畑」と称されるブルゴーニュ。その中でも「黄金の丘」という意味のコート・ドールでは、希少性が高くて最高級のワインの一つでもある「ロマネ・コンティ」が生産されています。
ブルゴーニュの赤ワインは主にピノ・ノワールから造られ、渋みの少ない上品な味わいの赤ワインになります。また、ブルゴーニュのシャブリ地区はシャルドネの栽培に適していて、高品質な白ワインも生み出されています。また、日本で有名なボジョレー・ヌーヴォーは、ブルゴーニュのボジョレー地区の新酒のことを指しています。

ロワール地方

フランスの中央部から大西洋にかけて流れるロワール川流域に位置するロワール地方。範囲が広いため、栽培されるぶどうの品種やワインの個性にも様々なものがあります。
代表的なものには、フレッシュでフルーティーな味わいが特徴のミュスカデや、香り高いソーヴィニヨン・ブランから造られる白ワイン、カベルネ・フランなどから造られる甘口から辛口のロゼワインなどです。

ラングドック・ルーション

フランスの国内の約4割のブドウ栽培面積を誇る大産地です。スペインとの国境から地中海沿岸に広がるこの地方では、太陽の恵みをたっぷりと受けて育った多様なぶどう品種から、赤、白、ロゼ、スパークリングなど多彩なワインが生み出されています。家庭で気軽に楽しめるテーブルワインがその大部分を占めています。

シャンパーニュ地方

パリの北東部に位置するこの地方は、フランスの最北部のワインの生産地です。数あるスパークリングワインの中でも、「シャンパン」と名乗れるのはこの地方で「シャンパーニュ方式」と呼ばれる製法で造られたもののみです。日本でも有名な「ドン・ペリニョン」や「モエ・エ・シャンドン」などをはじめ、お祝いの席には欠かせない有名なシャンパンが生産されています。

まとめ

いかがでしたか?アルザス地方やローヌ地方など、ここでは紹介しきれなかった地方もありますが、ワイン大国フランスでは、実に様々な個性のワインが生み出されているのです!ぜひ色々な地方のワインを味わって、フランスワインの奥深さを感じてみてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top