ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

キンキンに冷やす?ワインの適正温度はどれくらい?

暑い夏にキンキンに冷えたビール、美味しいですよね。それでは、ワインもビールと同様にキンキンに冷やしても美味しく飲めるのでしょうか?確かに好みは様々なので、キンキンに冷やしたワインが好きな方もいらっしゃるかとは思います。しかしながら、そのワインにとってふさわしくない温度で飲むと、ワインの持つ美味しさや魅力が半減してしまうのが現実です。ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、ワインのタイプごとの適正温度を紹介します。

赤ワインの適正温度

赤ワインの場合、冷やすほどに渋味を強く感じてしまいます。それは、低い温度では人間の味覚において甘味の感じ方が抑えられるため、渋味や苦味が際立ってしまうからです。しかしながら、温度を上げ過ぎてしまうと、ワインの持つフルーティさがなくなってしまいます。

なお、「赤ワインは室温で」と言われることもありますが、これはあくまでヨーロッパの室温を想定しているので、18℃前後のことを指しています。

赤ワインのタイプごとの適正温度

ボジョレー・ヌーヴォーなどをはじめとしたライトボディの赤ワインは、10℃~14℃で飲むと良いでしょう。ワインの持つフレッシュで爽やかな果実味が引き立ちます。

また、ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールなど、比較的飲み口が軽いタイプのミディアムボディの赤ワインについては、風味のバランスが良く取れる14℃~16℃が適温です。

そして、コクがある重いタイプのフルボディの赤ワインは16℃~18℃、熟成が進んだ赤ワインは16℃~20℃で飲むと、ワインの持つ重厚感や複雑さ、力強さが引き出されます。

白ワインの適正温度

白ワインについては、少し冷やして飲むのが良しとされています。低い温度では酸味が引き締まり、清涼感を与え、白ワインの持つフレッシュな味わいがより引き立つからです。だからといって、氷水などでキンキンに冷やし過ぎてしまうと、風味や香りが損なわれてしまいます。逆に、高い温度では酸味が甘さと混ざり不快感を覚える場合があります。

白ワインのタイプごとの一般的な適正温度

すっきりとした酸味の、軽めのタイプの白ワインは5℃~10℃が適温です。ドライで爽快な飲み口になります。

樽熟成されたものなど、コクのある重めのタイプの白ワインは、10℃~14℃で飲むと良いでしょう。冷やし過ぎると、ワインの持つコクを失ってしまいます。

ワインを適温で飲むには?

ワインの適温については理解しても、実際にその温度で飲むにはどうすればいいのでしょうか?

赤ワインについては、室温で保存しておいたものを、ワインを飲む1時間~30分程前から冷蔵庫で冷やしておくと、飲む頃にはだいたい適温に近づいています。

白ワインについては、冷蔵庫に入れて冷やしておき、軽めのタイプのものは冷蔵庫から出してすぐに飲んでも問題ありません。重めのタイプのものは、ワインを飲む少し前に冷蔵庫から出しておき、室温で自然に温度が上げておくと良いでしょう。

なお、より厳密にワインの温度を測りたい方は、ワインの専門店や通販などで販売されている、ワイン専用の温度計を購入するといいでしょう。最も安いもので、1,000円前後から販売されています。

まとめ

いかがでしたか?ぜひここで紹介したそれぞれのタイプのワインの適温で、最大限にその魅力を引き出しながらワインを楽しんでくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top