ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

相性抜群!フルーツとワインの美味しい組み合わせ

食事の最後に食べたい、甘くてみずみずしいフルーツ。フルーツを使ったタルトやケーキもデザートの定番ですよね!そんなフルーツやフルーツを使ったデザートを食べるときには、どんなワインをあわせたら良いのでしょうか?ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、フルーツとワインの美味しい組み合わせを紹介します。

フルーツとワインの相性

「甘いお菓子に苦いお抹茶」というように、日本人の感覚からすると、甘いものには甘くない飲み物をあわせるというのが一般的です。しかし、ワインの世界においては、この考え方が真逆になります。ワインのマリアージュ(食事との相性)の基本的な考え方の中に、「似た者同士をあわせる」という考え方があります。そのため、甘いフルーツやデザートには甘口のワインを合わせるのが良い、ということになります。

以下、具体的にどのようなフルーツにどのようなワインを合わせたら良いかを紹介していきます。

イチゴ

そのまま食べることもあれば、タルトやケーキなどのデザートに使われることも多いイチゴ。ほのかに甘酸っぱいイチゴに合わせたいワインは、同じくほのかに甘味と酸味を感じられるシャンパーニュです。イチゴと色の近いロゼのシャンパーニュもお勧めです。イチゴにシャンパーニュ、ちょっとリッチな気分が味わえる贅沢な組み合わせです!

柑橘類

オレンジやグレープフルーツなど、甘さの中にも爽やかですっきりとした酸味が感じられる柑橘類は、甘いものが得意ではない男性にも人気のフルーツです。そんな柑橘類と相性が良いワインは、柑橘系の香りやしっかりとした酸味を感じられる白ワインです。具体的には、フランスのロワール地方のソーヴィニヨン・ブランや、アルザス地方のリースリングなどが良いでしょう。

りんご

冬の定番フルーツの一つでもあるりんご。みずみずしい甘さを持つりんごには、フランスのロワール地方の甘口のロゼなどが相性抜群です。また、フランスのノルマンディー地方のシードル(りんごを原料とする発泡性ワイン)を合わせても良いでしょう。

なお、タルト・タタン(アップルパイ)など、生のりんごよりも甘味がより強く感じられるデザートについては、甘口のポートワインやアイスワインなどと相性が良くなります。

マンゴー

南国フルーツの代表選手、マンゴー。マンゴーを使ったデザートも人気がありますよね。豊かな香りと濃厚な甘みを持つマンゴーに合うワインは、華やかな香りとリッチでコクのある味わいを持つフランスのローヌ地方のヴィオニエや、芳醇な香りを持つアルゼンチンのトロンテスなどがお勧めです。

ドライフルーツ(いちじく、レーズンなど)

一口にドライフルーツと言っても様々なものがありますが、ここでは乾燥いちじくやレーズンに合うワインを紹介します。チーズやナッツの付け合わせとして出てくることもあり、一般的にワインとも相性が良いドライフルーツですが、中でも相性がいいのはカベルネ・ソーヴィニヨンなどの長期熟成を経た赤ワインです。長期熟成した赤ワインからは、フレッシュな果実の香りよりも、凝縮感のあるドライフルーツのような香りが強く感じられるので、ドライフルーツとの相性は抜群です!

まとめ

いかがでしたか?ぜひここで紹介した組み合わせを試してみて、美味しいフルーツやデザートをより美味しく味わってくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top