ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

その方法で大丈夫?ワインの正しい保存方法

皆さんはご家庭でどのようにワインを保存していますか?そして、一度栓を開けてしまったワインをすべて飲まずに取っておく場合、どうされていますか?ここでは、ワインエキスパートの資格を持つ筆者が、ご家庭でできる簡単なワインの保存方法を紹介します。

ワインは保存方法が肝心

ワインはとてもデリケートなお酒です。せっかく高価なワインを手に入れても、保存状態が悪ければ、ワインの香りや味も損ねてしまうことがあります。

そのようなこと防ぐため、ここではご家庭でのワインの保存方法とそのポイントについて解説していきます。

ワインセラーを利用

ご家庭でワインを保存するのにお勧めのアイテムがワインセラーです。ワインセラーの内部は、温度や湿度などが地下蔵と同じ環境になっているため、ワインの保存に最も適しているのです。

しかしながら、お値段は3万円からと少々値が張り、場所も取ってしまうことから、余程のワイン愛好家の方でないとハードルが高いアイテムでもあります。

暗所で寝かせて保存

ワインセラーの購入が難しいという方でも、工夫次第でワインの美味しさを損ねることなく、ご家庭での保存が可能です。

まず保存する場所については、冷涼で温度変化が少なく、直射日光が当たらない場所を選ぶようにしましょう。キッチンやリビングなどは、日当たりが良かったり、冷房や暖房の使用で温度変化が激しかったりするので、ワインの保存にはあまり適しません。床下収納や納戸などの普段あまり開けないようなところが良いでしょう。

また、ワインを保存する際は、寝かせた状態で保存するようにしましょう。ワインのコルクが乾燥してしまうと、収縮して空気が通りやすくなってしまい、ワインが酸化する原因になってしまいます。そこで、ボトルを寝かせて保存することにより、常にコルクを湿らせた状態が保てるのです。

飲みかけのワインはどうしたら良い?

ワインを開けたはいいものの、その日のうちに一人で1本飲み切るのはなかなか大変なことですよね。ご家族の中にもワインが好きな方がいて、一緒に飲んで空けてしまえるような環境ならまだしも、飲む量をセーブしたいというときなどもあるでしょう。そのような場合、ワインの飲み残しはどのように保存すれば良いのでしょうか?

ボトルストッパーで保存

ワインは一度開けてしまうと、酸化が進み、だんだんと風味や果実味が損なわれていきます。だからといって、毎回一度に1本飲み切る必要はありません。飲み残しのワインを保存するには、ボトルストッパーさえあれば大丈夫です。

ボトルストッパーを開いた瓶の口に差し込んでおけば、ワインの大敵とも言える酸化の進行を遅らせてくれるので、その状態で冷蔵庫に入れて保存しておくと、数日間は開けたときの新鮮な状態に近い味わいを楽しむことができるのです。

値段も1,000円に満たないものも多くありますが、あまり安すぎるものだと、品質や効果が心配です。気になる方は、信用できる価格帯のものを選ぶようにしましょう。また、スティルワイン(非発泡性ワイン)とスパークリングワインでは、瓶の口の大きさが異なるため、それぞれのボトルストッパーを用意しておくと良いでしょう。おしゃれなデザインのものもあるので、ワイン好きの方へのプレゼントにも最適です!

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介した方法で、ご家庭でも美味しいワインをいつまでも美味しく飲めるように上手に保存してくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top