ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

アルゼンチンワインのラベル表示

16世紀中ごろにブドウの挿し木がやってきて、アルゼンチンでワインづくりが始まりました。現在はお隣のチリと同様、手の届くお値段で質のよりワインを世界各地に届ける国としてとても人気です。ここではアルゼンチンワインのラベルには何が書かれているかを探ってみましょう。

アルゼンチンワインの主なブドウ品種

―赤ワインー

マルベックMarbec種

熟した黒い果実の風味を持つスパイシーでフルボディのこのワインは、アルゼンチンを代表する品種として世界各地で大変人気の赤ワイン。標高が高いところで作られた場合は、普通のものよりエレガントなスタイルになります。

カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種

将来さらに質の向上に期待のかかるカベルネ・ソーヴィニヨンが作られています。

―白ワインー

トロンテスTorrontes種

この品種が誕生した説がいくつかありますが、このアルゼンチン独自の品種は軽いものから繊細なタイプのものまであり、メンドーサあたりの生産者がかなりの設備投資をして昨今更に改良された白ワイン。こういった良いトロンテスは、凝縮したフルーティーな花の香りを呈すミディアムボディのワインになります。

シャルドネChardonnay種

トロンテス種についで、このところ質が向上し生産量を増やしています。

この他、白ワインはヴィオニエViognier種、赤ワインはメルローMerlot種、シラーSyrah種など、フランス品種の栽培にも力を入れています。

アルゼンチンワインの主な産地

サルタSalta州

カファジャテCafayate地方

世界で一番高い位置あるこの産地は、その理想的な気候により国際的な多額の投資を受け今後が楽しみな産地。白ワインは品種のトロンテスTorrontes種、赤ワインはマルベックMarbec種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種、シラーSyrah種、タナTanna種が作付けされています。

カタマルカLatamarca州

非常に標高が高いため農薬使用の必要がなく有機栽培が行われています。トロンテスTorrontes種、ボナルダBonarda種、マルベックMarbec種、テンプラニーリョTempranillo種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種など多数。

ラ・リオハLa Rioja州

ほとんどが安価な大量生産用ワイン。スペインのリオハ地区と区別するため、栽培地の名称ファマティナFamatinaの名称で協同組合が販売しています。主に、トロンテスTorrontes種、ボナルダBonarda種、シラーSyrah種。

サンファンSan Juan州

おそらくアルゼンチンで最高のシラーSyrah種を作っている地域で、大きな投資が行われてきた土地です。他にも、マルベックMarbce種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種、タナTanna種、白ワインではヴィオニエViognier種、ピノ・グリッジョPinot Grigeo種、シャルドネChardonnay種、ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種などの評判がいいようです。

メンドーサMendoza州

アルゼンチンワインの70%ほどがこの地で生産されています。

ウコUco渓谷

外国の投資が多く入ったワインづくりには理想的な地で、シャルドネChardonnay種、トロンテスTorrontes種、ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種、マルベックMarbec種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種、メルローMerlot種、テンプラニーリョTempranillo種からワインが作られています。標高が高いので酸味のしっかりしたワインになり、また赤ワインは熟成に適しています。

トゥプンガートTupungato地区

メンドーサで最も質の高いワインが生産できる地区として注目されている今後が楽しみな地区。

ルハン・デ・クージョLujan de Cuyo

アルゼンチンで最も質の良く高価なマルベックを作る地域。産地の名前がラベルに記載されるようになってきていて、主な地名としてラス・コンプエルタスLas Compuertas、ルンルンタLunlunta等が挙げられます。

マイプMaipu

特に、シラーSyrah種、マルベックMarbec種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種から優秀なワインが生まれている地域。この地域の標高の低い所では低価格のワインを作っています。

ネウケンNeuquen州

今世紀に誕生した栽培地でハイテク醸造所が並ぶこの地域では、ピノ・ノワールPinot Noir種、ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種、トロンテスTorrontes種、マルベックMarbce種、メルローMerlot種などが作られます。特にピノ・ノワールPinot Noir種のワインと、スパークリングワインの潜在的能力が注目。

リオ・ネグロRio Negro州

理想的なブドウ栽培条件を備えたこの地では、ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種、ピノ・ノワールPinot Noir 種、メルローMerlot種などが栽培されており、高い凝縮度と酸味で質の良いワインが出来上がりワインの値段が上がりつつあります。

パワーと繊細さが同居するアルゼンチンワイン

ヨーロッパ各国のレストランやワイン屋さんでは見ないことがないぐらい人気なのが、アルゼンチン産マルベックMarbec。一見、色調が濃く、タンニンの強いパワーがあり過ぎる赤ワインに見えますが、ご紹介したように標高が高い場所の冷涼地で国際投資を受けた生産者が作ったマルベックは見た目より繊細な味わいで、まさにワインの楽しみたる所以と言えるかもしれません。ほんの数年前まではまだまだという感じのあったこの品種も、「今は洗練された都会の女性」といった表現がぴったりかも。まさに情熱の国が作り出した新しい飲み物といった感じです。今後もワイン作りの理想郷を目指して世界中から集まるワインの作り手によって、さらに多くのすばらしいワインが生まれること間違いないでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top