ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

チリワインのラベル表示  産地

南北に広がるチリのワイン産地は山岳地帯の気候の影響も受け、各栽培地の気候には大きな違いがありブドウの出来、そしてワインのスタイルに大きく関わってきます。日本への輸入量も跳ね上がっている有名なワイン産地についてご紹介します。

コキンボCoquimbo地方

以前はテーブルワインやピスコと呼ばれるブランデーの産地だったこの地域では、かなり標高の高い場所でブドウ栽培がおこなわれています。

エルキElqui

ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種、シラーSyrah種で評価されています。

リマリLimari

チリで最高のシャルドネChardonnay種を生産しています。

アコンカグアAconcagua地方

アコンカグア・ヴァレーAconcagua Valleyはチリでも最も古いワイン生産地の一つ。1990年代に入ってやっとインフラの整備が行われブドウ栽培が始まった土地。

アコンカグアAconcgua地域

現在、チリのシラーSyrah種の評判が非常にいい地方。カルメネールCarmenere種とカベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種も栽培しています。これらの赤ワインは芳醇で熟した果実風味、アルコール度、タンニンも強い傾向にありましたが、アルコール度が控えめの軽めのものを作るようになってきています。

カサブランカCasablanca地域、サン・アントニオSan Antonio地域

太平洋と山脈に挟まれており、ブドウ畑は涼しい場所に位置しているため、白ワイン用ブドウ品種の生産が盛ん。ソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blanc種、シャルドネChardonnay種の評価が高く、特にサンアントニオ地域のソーヴィニヨン・ブランSauvignon Blancが好評。また赤ワインに関しては、カサブランカ地域のシラー種は標高の高いところでスパイシーさやハーブの香りのするワインができます。ピノ・ノワールPinot Noir種も作られています。

中央渓谷Central Valley地方

アンデス山脈から豊富な水を供給されるため、成熟しやすく安定したワインの原料となるブドウの生産をしてきました。現在は、この中の4つの地域で主に質の良いワインの生産が行われています。

マイポMaipo地域

チリのワイン産業の中心地。山脈に囲まれたこの地では、ミントの風味のあるカベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種が栽培されています。

カチャポアルCachpoal

暖かいこの地では、カルメネールCarmenere種、カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種、シラーSyrah種が作られています。

コルチャグアColchagua

海の影響も受けるこの地域では、フルボディの赤ワインの評判がよく、また次々と高い評価のワイ

ナリーが生まれています。また白ワインの産地としても評判がよいようです。

クリコCurico地域、マウレMaule地域

両方を合わせてチリ最大のブドウ産地。お手頃価格のブレンドワインの産地としての地位を確立していますが、やや涼しいマウレ地域で樹齢の高いブドウの樹を利用して質の高いワインを作ろうとする動きが出てきているようです。スペイン大手のミゲル・トーレスが、スペインの高級ワイン産地プリオラートと似た土壌と気候のこの地域内にあるエンペロドラドEmpedradoを開拓し今後が楽しみな展開となっています。

南部Southern 地方

イタタItata,ビオビオBio Bio,マジェコMallecoという産地があり長い間地元で飲むためのワインを生産してきましたが、近年ではビオビオでピノ・ノワールPinot Noir種、シャルドネChardonnay種などで近代化の成果が出始めています。

またこれらの地域よりさらに南、つまり南半球のチリではさらに冷涼な地域で実験的な作付けを試みている栽培者が多くいます。こちらも今後の動きに注目したいところです。

ヨーロッパの偉大なワイン生産者が注目するチリの冷涼なブドウ産地

非常に高値で売られているスペインのプリオラートPrioratと似た土壌、気候ということで大手ワイン生産者が注目したように、フランス他のヨーロッパの国々、ニューワールドの国々のワイン生産者がチリワイン産地のさらなる能力開発を狙っています。フランスから、スペインから、イタリアから、著名なワイン生産者がチリのワイン産地に熱い視線を送っています。すでに成功して例もたくさんありますが、アクセスしやすい値段と品質、また気取りなく飲めるカジュアルさも人気の秘密かもしれません。今後は、オールドワールドの生産者だけでなく、別の国から、あるいは地元チリからどんな熱心な生産者が私たち消費者を楽しませてくれるか楽しみですね。チリワインから目が離せません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top