ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

オレゴン州、ワシントン州ワインのラベル表示

19世紀中ごろにはすでにワイン用ブドウの栽培を行っていたものの、近年特に、各種テースティングイベントで注目されるようになってきたアメリカ合衆国のこの2州。特にオレゴン州のピノ・ノワールPinot Noir種はワイン専門家の評価も非常に高く、手に入れるのが難しくなってきました。本家フランス・ブルゴーニュのピノ・ノワールと比べてと引けを取らないどころか、かなりの出来栄えのものが多くしかも今のところはお買い得。手に入らなくなるわけです。またワシントン州は、そのやせた土地で興味深いワインを生産するようになってきました。

ワイン産地としてはまだまだ一般的には知られていないこのアメリカの2州についてご紹介しましょう。

オレゴン州、ワシントン州で栽培される主なブドウ品種

―赤ワインー

ピノ・ノワールPinot Noir種

メルローMerlot種

―白ワインー

ピノ・グリPinot Girs種

シャルドネChardonnay種

リースリングRiesling種

オレゴン州、ワシントン州のワインの主な産地

アメリカブドウ栽培地域(American Viticultural Area=AVA)としてラベルに地名を表記できる産地は下記のとおり。

オレゴン州

・ウィラメット・ヴァレーWillamette Valley AVA

愛好者や評論家から絶大な称賛を得ており、オレゴンは今や世界でも一級のピノ・ノワールPinot Noir種生産地域としての地位を確立しました。さらに良質のものを求めて生産者は奮起し、消費者は手に入れようと必死になっています。それがオレゴン州・ウィラメット・ヴァレーのピノ・ノワールPinot Noir種。そのエレガントで繊細な味わいは世界中のピノ・ノワールファンを虜にしています。リースリングRiesling種、シャルドネChardonnay種、ピノ・グリPinot Grigeo種の評価も高くなってきています。アルコール度数はカリフォルニアなどに比べると13%台の比較的低めに作られるものが多く、冷涼地独特の力強さよりも上品で繊細は味わいを持つワインが作られています。以下は、小区域のAVAとしてラベル表示がされていることがあります。

ダンディー・ヒルズDundee Hills AVA

マクミンヴィル McminnvilleAVA

リボン・リッジRibbon RidgeAVA

ヤムヒル・カールトン・ディストリクトYamhill-CarltonAVA

サザン・オレゴンSouthern Oregon AVA

ウィラメッテより暖かな気候のため、ここではシラーSyrah種、メルローMerlot種、カベルネ・ソーヴィニョンCabertnet Sauvignon種、シャルドネChardonnay種などが多く栽培されています。

その他の主なAVAは下記の通り。

アムクワ・ヴァレーUmpqua AVA

ローグ・ヴァレーRogue ValleyAVA

ワシントンWashington州

コロンビア・ヴァレーColombia Valley AVA

白はリースリングRiesling種やシャルドネChardonnay種、赤はカベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種やメルローMerlot種を主に栽培しており、カリフォルニアワインと比べるとエレガントさがあるワインと言われています。

いくつかのブティックワイナリーでは、ワイン産業に絶大な影響良力を持つパーカーポイントで非常に高いポイントを付けられたワインもあります。リースリングRiesling種、ゲヴュルツトラミネールGewurtztraminer種、シャルドネChardonnay種。またアイスワインの生産も行っています。

その他の主なAVAは下記の通り。

ヤキマ・ヴァレーYakima Valley AVA

ワラ・ワラ・ヴァレーWara Wara Valley AVA

スネーク・リバー・ヴァレーSnake River Valley AVA

繊細でエレガント、なおかつ妖艶な魅力のピノ・ノワールファンは急いで!

ご紹介したオレゴン州のピノ・ノワールは、その冷涼な気候のもと、近年、その品質が非常に向上し、世界中のピノ・ノワールファンの注目の的となっています。とくにクラフトワークのようなこだわりの逸品を作る小さな生産者のものはなかなか手に入らなくなっているのが現状。そして近年はなかなか高価なお値段で取引が行われるようになっています。ただし、ピノ・ノワールのふるさとブルゴーニュで同じぐらいの品質のものを同じお値段で買えるかどうかは微妙といったところ。まだまだコストパフォーマンスはオレゴンワインの方がいいかもしれません。有名になりすぎる前にネットなどで取引をしている評判のいい生産者を見つけ出しておくのも面白いかもしれませんね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top