ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

イタリアワインのラベル表示 トスカーナ州、他イタリア南部の地名

まるで時間が止まったかのような美しい田園地帯が広がるイタリア中央部トスカーナ地方。北部ピエモンテ州の繊細で柔らかいワインに対して、ここでは力強く凝縮味あふれた赤ワインが中心に作られており、ピエモンテ州のワイン同様、世界中のファンを楽しませています。またイタリア南部やサルディニア島などでは、近年EUの投資により整えられた畑と醸造所、そこに若手ワイン醸造家の情熱が加わり、素晴らしいワインが続々と登場し注目度がアップしています。

これらの土地で作られるワインのラベル表示として、有名なワインを取り上げてみましょう。

<イタリア中央部のワイン>

トスカーナToscana州

イタリアワインを語る上で絶対押さえておきたいのがトスカーナ州。沿岸部では主に白ワインが、そして内陸部では骨格と気品のある赤ワインを生むサンジョベーゼSangeovese種を栽培し、世界が注目する赤ワインが誕生しています。

『スーパートスカーナSuper Tuscan』

イタリアの原産地統制名称DOCの規定から外れた作り方をしているため、一般的なテーブルワインとして販売されたものの、その質の高さが評判になり大いに高額の値が付いたワインでワイン愛好家が常にその動向に注目するワイン。もともとは、サンジョベーゼSageovese種とフランス品種カベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種をブレンドしてできたワインが最初で、それらを「スーパータスカン」と呼びます。現在では、メルローMerlot種、シラーSyrah種などとのブレンドもあり、トスカーナToscana IGTとして販売されています。

通常は独自のワイン名(例:サッシカイアSassicaia, ルーチェLuce)が一番大きく表示されます。

キアンティChianti DOCG

イタリアワインと言えばこれ。輸出量が一番多い赤ワインで藁に包まれた丸い形のボトルのもの等が観光客にも人気ですが、そういうものの品質はそれなり。質のより物も多くありますが実際大きなばらつきもあるので注意が必要です。フランス・ボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンCabernet Sauvignon種、メルローMerlot種などの国際品種をブレンドした上質なものもあります。

キアンティ・クラシコChianti Classico DOCG

歴史的にキアンティの栽培地だったクラシコ地域で、通常のキアンティよりも味わい深く品質の高いの赤ワインを生産しています。品質が協会に認められたワインには、ボトルの首の部分に黒い鶏のシールが貼られます。

*また7つの小さな地区は(例:ルフィーナRufina, コッリーネ・ピザーネColline Pisane、コッリ・アレティーニColli Aretini、モンタルバーノMontalbano、コッリ・セネージColli Senesi、モンテスペルトリMontespertoli、コッリ フィオレンティーニColli Fiorentini)キアンティ・クラシコではありませんが、普通のキアンティより上質でキアンティ・クラシコと同等、あるいはそれ以上のクオリティのものもあり人気があります。

ブルネロ・ディ・モンタルチーノBrunello di Montalcino DOCG

サンジョベーゼSangeovese種から作るイタリアで一番長い熟成期間を定められた力強く、エレガントな赤ワイン。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノVino Nobile di Montepulciano DOCG

ブルネロ・ディ・モンタルチーノと似たスタイルの赤ワイン。

ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノVernaccia de Sangimignano DOCG

キアンティ・クラシコ地区で作られる白のDOCG。

マルケMarche州

ヴェルディッキオ・ディ・カステリ・イェージVerdicchio dei Castelli di Jesi DOC

鉱物的な感触のある、昨今非常に質が向上している白ワイン。

ウンブリアUmbria 州

オリビエートOrivieto DOC

ピッザリア等では必ずある一般的な白ワイン。

ラッツィオLazio州

フラスカーティFrascati DOC

ローマ市民に愛され続けている一般的な白ワイン。

アブルッツォAbruzzo州

モンテプルチアーノ・ダブルッツォMontepulciano d’Abruzzo DOC

つよいタンニン、酸味、アルコールを備える力強い赤ワイン。

<イタリア南部のワイン>

トスカーナやピエモンテのワインより格段に少ない知名度ながら、近年非常に注目を浴びている地方。びっくりするようなエキサイティングなワインが生まれています。オーストラリアやカリフォルニアからワイン醸造のプロがその土地を求めてやってくることでも話題になっています。

カンパーニャCampania州

タウラジTaurasi DOCG

ブドウの王様と呼ばれるアリャーニコAglianico種から強いタンニンと酸味のあるワイン。

プーリアPulia州

サリーチェ・サレンティーノSalice Salentino DOC

主にネグロアマーロ種から作られる風味豊かで高いアルコール度と調和がとれた赤ワイン。熟成期間が長めのリゼルバRiservaの中には、非常にクオリティの高い柔らかく凝縮した味わいのものを作る生産者もいます。

シチリアSicilia州

シシリアSicilia IGT

シシリア島で作られる地ワイン。ネロ・ダヴォーラNero Tavola種などの地元品種とフランス品種のシラーSyrah種とのブレンドで、非常にコストパフォーマンスの良いワインを作り出している。今後、DOC,DOCGが多く増えることが予想される。

サルディニアSardegna州

カンノーナウCannonau種(グルナッシュGrenache種)から、パワフルで凝縮した味わいの素晴らしい品質のワインが続々生産されています。今後がさらに楽しみな産地。通常、カンノーナウ ディ サルディニアCannonau di Sardegnaという名前かワインブランド名がラベルに入ることが多いようです。

クリエイティブな遊び心あふれるワイン産地が熱い!

世界のワイン愛好家の注目を絶やさないイタリア・トスカーナ地方。人と違ったものを作ってみたいというイタリア人気質が、個性あふれるスーパートスカーナを生んだといわれています。また、ガブ飲み専用の「お食事の友」的なテーブルワインを作ってきたイタリア南部ですが、このところ、イタリア南部、島部で作られる質の良い魅力的なワインにもワイン愛好家たちはたいへん注目しています。まさに「コスパがよい!」とはこのこと。フライングワインメーカーと呼ばれる、外国からのワイン醸造者が近代醸造技術が用い手がけられるようになったイタリア南部にはそんな質の良いワインがたくさん誕生しています。太陽の香りのする元気な赤ワインを日常に持ち込んでみたい方はぜひぜひこの地域のワインを探してみることをお勧めします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top