ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

白ワインのブドウ品種

白ワイン用のブドウといえば、シャルドネやソーヴィニヨンブランなどが有名ですが
ほかにも、各産地でいろんな個性を持ったブドウが作られています。

今日は、各ブドウの特徴を学んでいきましょう。

シャルドネ

おそらく、白ワイン用の品種では、
世界中でもっとも有名で人気のあるブドウでしょう。

もともとはフランスのブルゴーニュ産ですが
飲みやすく万人受けするその風味と、栽培しやすく手がかからないことから
世界中で栽培されるようになりました。

実は、風味にはこれといった際立った特徴はないのですが
味わいにコクがあり、樽熟成との相性がとてもよいです。

シャルドネは、バニラのような樽香がするのが特徴だと思われていることがありますが
実は品種に由来する風味ではなく、あとから樽で熟成されたことによるものです。

風味は、軽いものから重いものまで、
さまざまなスタイルのワインが作られています。

リースリング

シャルドネと並ぶ人気のブドウで、優雅、繊細なブドウです。

ドイツが主産地ですが、
フランスのアルザスやオーストラリアでも、優れたものが生産されています。

若いうちは、白い花のような高貴な香りが特徴的ですが
熟成するにつれて、どこか石油のような独特の香りを放つようになります。

味わいは非常に強く、シャープな酸が特徴です。

ソーヴィニヨン・ブラン

フランスボルドー地方をメインに、ロワールでも栽培されています。

酸がやや強めのさっぱりした味わいで、香りは比較的華やか。
青草を思わせるグリーン系の香り、グレープフルーツなど柑橘の香り
猫の尿ともいわれる、独特な香りが特徴です。

軽いタイプのものが多いですが、ボルドーでは樽熟成を経た
重いタイプも作られています。

セミヨン

フランスボルドー地方のブドウですが、
オーストラリアでも広く栽培されています。

香りは比較的地味ですが、味わいにはコクがあります。

ボルドーでは、辛口ワインだけでなく
濃厚で甘い貴腐ワインもこのブドウから栽培されています。
また、同じ地方のソーヴィニヨンブランとよくブレンドされます。

ヴィオニエ

フランスのコートデュローヌで栽培される品種。

白い花、白桃といった強い香りを放つアロマティックな品種で
アルコール度数が高く、果実味豊か、酸は控えめなのが特徴です。

ワインは高価ですが、熟成はほとんどしない品種なのでで
若いうちに楽しむのがおすすめです。

ゲヴュルツトラミネール

フランスのアルザス地方で主に造られている品種。

非常に読みにくい、覚えにくい名前ですが
香り、味わいともに個性が強いことで知られています。

寒冷地の品種の割には、熟度が高く
比較的アルコールとボディが強く、酸は若干控えめです。

その香りが嗅げば、すぐゲヴュルツトラミネールだとわかるほど
ライチとバラのような香りが際立っています。

まとめ

このように、いろんな品種がある白ワインですが
白ワインでよく出てくる表現は

・柑橘類
・トロピカルフルーツ
・白い花
・メロン
・干し草

といった、果実、花、草類の表現が多いです。

こういった表現は、お店などでワインを選ぶ際に
説明書きでよく見かけますよね。

果実の香りは、原料のブドウの熟度に影響を受けます。

寒冷地のワインはブドウの熟度が低く酸が強いので
柑橘類(レモン、ライム、グレープフルーツなど)の香りがします。

逆に温暖な産地では、ブドウの熟度が高く果実味が濃厚なため
奄美と果実味の強いトロピカルフルーツ(マンゴー、パイナップルなど)の香りがします。

今後白ワインを飲む際は、品種を意識しながら
どの品種だからどんな香りというのが、分かるようになるとさらに楽しめますね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top