ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

フランスワイン、シャトームートンロートシルト

ムートンというワイン

日本ではシャトームートンロートシルトと呼ぶ事が多いのでロートシルトに統一しますが、本来の英語読みのロスチャイルド、フランス語読みのロッチルドなどで呼ばれることも多く、ロートシルトはドイツ語です。シャトームートンロートシルトというワインは、ドラマチックな逸話から日本でもファンの多いワインの1つになります。味わいは濃厚かつ芳醇、飲み頃には感動するレベルのものもあり、わずかにミントのような後味を残すのを特徴としています。毎年異なる画家が手がけるラベルデザインはピカソやミロ、シャガールなどが手がけたことがあったことからコレクターも多くファンを増やした一因の1つになりました。

ムートンの始まり

1853年にナタニエル・ド・ロートシルトがシャトーを手に入れたことから始まりました。1855年にパリ万博でメドック格付け制度が始まりましたが、当初から評価が高く、必ず1級をとるだろうと言われていたムートンは、2級にされてしまいました。その理由は、イギリス人が作っていたシャトーだったからという偏見があったと言われています。その後、20歳で当主をつとめたバロン・フィリップ・ド・ロートシルトは、これを大変な不正だと激怒し、その後のムートンのラベルには『我1級に定されど2級には肯ぜぬ、ムートンはムートンなり』と書き込み、1級に認めさせるために努力を惜しみませんでした。

ムートンの歴史

ムートンを1級と認めさせるために行ったことの1つが中間的な瓶詰め業者を排除し、1924年にはシャトーで自ら瓶詰めを行うシャトー本詰めを世界で初めて始めたこととこの年からラベルに画家の絵を付け始めたことがあります。これだけで飛躍的に品質が向上し、1960年代にはカリフォルニアでロバート・モンダヴィと共にオーパス・ワンを生み出すなどをしているうちに、メドック格付けが始まってから118年後の1973年に1級に認められ、昇級した唯一のシャトーになりました。その後ラベルには『我1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず』という言葉が書かれました。

フィリピーヌ

1988年にバロン・フィリップ・ド・ロートシルトが亡くなると、パリで舞台女優をしていた娘のバロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトがなくなった父の後を継ぎました。ラフィット・ロートシルトのエリック・ド・ロートシルトと、シャンパンのバロン・ド・ロートシルトを生み出したり、1998年にはチリのコンチャイ・ト・ロ社とアルマヴィーヴァを作るなど精力的に発展に貢献しています。

まとめ

ワインを嗜む人にとって五大シャトーは憧れの的であり、もちろんシャトー・ムートン・ロートシルトもファンの多いワインです。それはバロン・フィリップ・ド・ロートシルトのたゆまぬ努力によるドラマチックな逸話や協力する画家の人気もワインの人気を底上げする形になっています。しかし画家の報酬はワイン1ケースという事が示しているように、ワインの素晴らしさが伴わなければ、全ては始まらないので、今現在シャトー・ムートン・ロートシルトに関わる人たちも素晴らしいワインを作るために日々奮闘している事でしょう。ムートンは昔も今も変わらずですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top