ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの保管場所により異なる味わい

ワインの保管場所

ワインを保管する際、温度、湿度、光を基準に保管場所を考えるのが一般的です。ではワインを保管する場所によってどれほどワインの味わいが変わるのでしょうか。

カーヴ

まずワインを保管する場所として最も完璧で最も安全なのが地下カーヴになると思います。地下カーヴでは温度が10~23度ほどの間に保たれるため、ワインが冷えすぎることもなく温まりすぎることもないので、劣化の心配がありません。さらに季節や昼夜の温度差が適度にあるため、コルクを通して気化した水分が行き来します。それによって微量な酸素が運ばれ熟成が進みます。シャトーラトゥールなどボルドーの力強いワインをカーヴで熟成させてみればわかることですが、渋味が強く飲み慣れない人には不快に感じるワインでも、熟成により大変まろやかでコクがあるワインに変化し、誰が飲んでも美味しいと思える素晴らしい熟成を経ることができます。特にシャトーラトゥールは力強く、タニックな印象を持つ人が多いワインですが、カーヴで熟成されたものは優しく伸びのある豊かなワインになります。

セラー

ワインを保管するというと、一般家庭でイメージされるのはワインセラーになります。ワインセラーには沢山の種類がありますが、実際の働きはどれもほとんど変わりません、温度を一定に保てる点から保存するという点ではカーヴよりも優れています。カーヴであれば熟成のピークを過ぎればだんだんと枯れてしまうワインもワインセラーであれば、長い間劣化することなく保存することが可能です。セラーとカーヴの違いとして、湿度も一定に保たれるセラーでは水分の出入りがないため、ゆったりとした酸化による熟成が起こらなくなってしまいます。その結果タンニンがまろやかになる変化が起こりにくく、カーヴに比べるとワインセラーで保管されたワインは力強さを保ちつづけることになります。かといってタンニンがまったくまろやかにならないということはなく、電気的な振動や地震による微弱振動などでタンニンやアルコールがより細かい粒子に分解されるとも考えられています。

冷蔵庫

冷蔵庫で保管する場合は、冷やしすぎると渋味を強く感じやすかったりします。ですが冷やした赤ワインはスミレの香りを感じやすくなるとも言われているため、最近では赤ワインに氷をいれて提供する居酒屋が増えてきました。白ワインの場合は酸が結晶化してしまうため、10度以下にしてしまうと本来の味が壊れてしまいます。そのためワインを冷蔵庫で保管する場合は野菜室に保管するのが最善です。野菜室であれば、暑い夏でも適温が保たれますし、冬も保温される分外気より温かくなるので保管するのにはとても良いです。しかし湿度が低くなるためコルクが乾燥して抜けなくなったり、液漏れが起きたりしますので、コルク栓のワインを野菜室保管するのは避け、スクリューキャップのワインのみ野菜室保管しましょう。

常温

常温で保管してしまうと、湿度の低い土地では4カ月ほどでコルクの乾燥がヒドくなり、中のワインの劣化が起きてしまいます。オイルのような香りと渋味だけの赤茶色の液体になってしまいますので、常温保管は避けましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top