ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

和食とワインなら天ぷらがおすすめ!山菜の天ぷらのレシピと白ワイン!

山菜の天ぷら

ワイン好きの方だと、どうしても今日は白ワインが飲みたいという日があるかもしれません。あのフレッシュで爽やかな酸味とフルーティーな香りを楽しみたくなる気持ち…。とても良く分かります。

ただ、白ワインは飲みたいけれど和食の気分…という、何とも日本人らしい難しい課題に直面することも良くある話。白ワインには絶対に洋風の食事しか合わないのでしょうか。答えはノー。

和食の中には白ワインと積極的に合わせたい料理がとにかく沢山あることを覚えておきましょう。

今回は、白ワインとの相性を是非楽しんでほしい、山菜の天ぷらのレシピを紹介します。面倒だと思われがちな山菜の天ぷらですが、とても簡単にサクサクっと揚げる方法を紹介します。では、早速いってみましょう。

山菜の天ぷらの2人分の材料

山菜の天ぷらの魅力といえば、あのホロ苦い大人の味わいです。野性味溢れる個性的な味わいが、天ぷらとなるとエレガントな風味なるのですから、和食というのは偉いものです。

さて、そんな山菜の天ぷらですが、ベチャっとなってしまっては材料が泣きます。サクサクっ揚げることにより、色や香り、風味を損なわないようになります。

一度覚えておけば、これからとても役立つのでぜひ挑戦してみてください。

ふきのとう 3個

アシタバ  3枚

たらの芽  3本

たけのこ  1/3本

卵     1個

水     50ml

小麦粉   50g

カレー塩  適量

抹茶塩   適量

天つゆ   適量

山菜の天ぷらの作り方

山菜は基本的に緑色をしていますが、タケノコを入れることで全体の色合いがキレイに決まります。先ず、タケノコはしっかりと灰汁抜きをしましょう。穂先はクシ切り、根元は薄めにスライスしておくと良いでしょう。

水気もしっかりと切っておくことをおすすめします。次にふきのとうですが、外側のガクを取り除いて行きます。

そして、花蕾が苦みの要因ですので熱が通りやすいように剥いておくと美味しく食べることができます。

たらの芽は株もとにあるハカマという部分を取り除き、十文字の切り込みを入れておくとキレイに揚がります。アシタバはそのままで結構ですが、水気はしっかりときっておきます。

さて、ここからがパリっとキレイに揚げるコツです。先ず、ボウルに卵を割りほぐして、冷水をちょっとづつ混ぜてかき混ぜて行きます。さらに、小麦粉を混ぜますが、早く無理矢理混ぜる必要はありません。

ダマが少し残るくらいで結構ですので、ゆっくりと全体が混ざるような感じであればOKです。山菜にはベタベタと付けるのでは無く、サラッと軽く付けるのがコツです。

さて、鍋の中に油を入れて170度の中温で揚げていきますが、全体に小さく薄い作りですので厚みがあるものでも1分程度で結構です。後はキレイにお皿に盛りつけ、抹茶塩、カレー塩、天つゆで楽しんでください。

天ぷらに合うワイン

天ぷらは白ワインがおすすめです。相性抜群と言えば、山梨県の甲州種のワインですが、ドイツやアルザス地方のリースニングも香りが良く天ぷらと好相性ですのでおすすめです。

また、案外面白いのがスパークリングワインとの相性が抜群なところ。普段使いであれば、スペインの瓶内二次発酵で作られるカバが有名です。一度試すとクセになってしまうかもしれませんね。

まとめ

山菜の天ぷらは苦みと独特の香りを持っており、ワインには非常に相性が良い料理です。

通常、苦みのある料理との相性はワインと良くないと思いがちです。しかし、ワインは甘くデザートな飲み物という印象は日本人らしい発想であり、シャープで甘さもあるようなワインを飲み慣れていなかったという先入観があります。

天ぷらは日本的なダシなどを使わない食べ方もある分、素材そのものの味を楽しむことができる料理とも言えます。

それであれば、ワインと合わないはずがないのです。

ちなみに、穴子などをタレで食べると赤ワインにも合わせやすくなりますし、さまざまな可能性を見つけてみても楽しそうです。天ぷらであれば、ワインも手軽に合わせられるのでぜひ、挑戦してくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top