ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

2種のワインで楽しむ「温野菜のサラダ ソースオランデーズ」

野菜を蒸して温製のサラダにします。ソースオランデーズはフランス料理の古典的なバターをたっぷり使ったソースです。まろやかな味わいで普段食べているサラダとはまた違った雰囲気が楽しめます。野菜は季節のものやお好みの野菜を組み合わせて楽しんでください。

材料       4~5人分

・レンコン        80g
・ニンジン        100g
・ブロッコリー      60g
・サツマイモ       60g
・カブ          45g
・パプリカ(赤・黄色)  60g
・キャベツ        120g
[ソースオランデーズ]
・卵黄          卵黄2個
・水           大さじ2
・バター(無塩)     130ml
・レモン汁        大さじ1
・塩コショウ       適量

作り方

[ソースオランデーズ]

  1. バターを電子レンジで溶かしておく。
  2. ボールに卵黄を入れ、レモン汁と水を加える。湯銭にかけながら泡だて器で白くもったりとしてくるまで泡立てる。
  3. 溶かしたバターを2に糸のように垂らしながら少しずつ加えていく。加えていく際も絶えず泡だて器で泡立てる。
  4. マヨネーズ状になったら塩コショウで味を調える。

[仕上げ]

  1. 野菜はそれぞれ火の通りやすい順に蒸し器で蒸していく。
    今回使った野菜では①レンコン、ニンジン、サツマイモ②ブロッコリー、カブ③パプリカ、キャベツの順に蒸す。
  2. 蒸しあがった野菜をお皿に盛り、ソースオランデーズをかける。

この料理に合わせるワイン

辛口の白ワイン、シャブリがおすすめです。ライムやレモンなどを感じる柑橘の香り。まろやかなソースオランデーズをすっきり洗い流してくれる爽快感で食が進みます。

もったりまろやかソースで野菜をたっぷり

ここ数年、エッグベネディクトという料理がブームになりましたね。エッグベネディクトはニューヨークで誕生しました。この人気の料理の味の決め手となっているのが「ソースオランデーズ」です。「ソースオランデーズ」はフランス料理の基本のソースの一つです。19世紀にノルマンディー地方で誕生したと言われています。当時、バターの大部分をオランダから輸入していたことから「オランデーズ=オランダの」という名前が付けられました。野菜だけではなく魚にかけても美味しい万能ソースです。ソースにコクがあるので淡白な食材との相性がとてもいいです。
「蒸す」という調理法は茹でたり、炒めたりするよりもビタミンCなどの水溶性ビタミンの損失が少ないです。最近では電子レンジを使って気軽に蒸し野菜を作ることのできる調理器具なども売られています。ビタミンCはキャベツのような葉物野菜に多く含まれています。レンコンやサツマイモに多く含まれているのはビタミンAです。ビタミンAは脂溶性ビタミンといって油との相性がとても良いです。なので、実はヘルシーだと言って野菜を食べる際にはそのまま何もかけずに食べるよりもドレッシングや今回紹介したオランデーズソースのような油を使ったソースと一緒に食べたほうが吸収力が高まり、理にかなっているのです。また、温野菜は体を温めてくれますし、生野菜よりも柔らかくボリュームも減るのでより多く食べることが出来ます。夏は冷たい物を食べたり、冷房によって意外と体が冷えてしまっています。そんな季節にこそ食べたい一品です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top