ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

芳醇な香りと苦みが大人「豚肉の黒ビール煮込み」

豚肉を黒ビールで煮込みます。黒ビールのふくよかな香りとコクが美味しい一品です。炭酸の作用でお肉が驚くほど柔らかくなります。ビールに合うのはもちろんですがワインにも合います。黒ビールをわざわざ買わなくても大丈夫。少しコクは和らぎますが普通のビールでも代用できます。

材料     5~6人前

・豚肩肉(煮込み用)    1kg
・薄力粉          大さじ2
・塩コショウ        適量
・バター(無塩)      15g
・タマネギ         200g
・セロリ          25g
・黒ビール         500ml
・水            適量
・ブイヨンキューブ     1個
・ハチミツ         大さじ1
・ローリエ         1枚

作り方

  1. タマネギとセロリを薄切りにする。
  2. 豚肉を食べやすい大きさに角切りにしておく。
  3. 塩コショウをふり、表面に薄く小麦粉をふるう。
  4. フライパンを強火で熱し、サラダ油(分量外)を入れ豚肉の表面を焼き固める。
  5. 鍋にバター5gを入れ、中火にかける。1を加えしんなりするまで焦がさないように炒める。
  6. 4の豚肉を鍋に入れ、黒ビールを注ぐ。豚肉がかぶるくらいの水を加える。
  7. ブイヨンキューブを加え、ハチミツとローリエを入れる。1~2時間ほど煮込む。
  8. ソースに程よいとろみがつくまで煮詰める。仕上げに残りのバターを加え、塩コショウで味を調える。

合わせるワイン

程よく厚みがあり、酸味とのバランスがとれている赤ワインなどどうでしょうか。フルボディのタイプよりはミディアムボディのものがせっかくのビールの風味を消してしまうことなく楽しめます。中でもメルロは丸みがあり、黒ビールの芳醇な香りやコクとの相性がいいでしょう。豚肉なので白ワインを合わせがちですが、赤ワインを合わせてみると意外なマリアージュが楽しめることがあります。

苦味が美味しい「黒ビール」

そもそも黒ビールはなぜ黒いのでしょうか。黒ビールはその原料である麦芽を焙煎して作られています。黒色から黒褐色のものなどがあり、普通のビールに比べコクがあり、苦味が強いものが多いです。また、香りも芳醇で口当たりが柔らかいことも特徴でしょう。世界各国で生産されていて、数多くの種類があります。最近は若者のビール離れが進んでおり、ビール業界では逆に個性あふれるビールを作ることで再びビールに注目してもらおうという試みがされています。
この豚肉のビール煮込みはイギリスやベルギーなどヨーロッパを中心に世界各国で作られています。トマトを加えたものやバルサミコ酢を加えたものなどその味付けも様々なバリエーションがあります。今回はシンプルに黒ビールの味と芳醇な香りが楽しめるレシピにしました。ハチミツを加えると甘みが増し、まろやかになります。苦味とバランスが取れ、より美味しく味がまとまります。味が単一になりがちなので、付け合わせにはトマトなどの酸味のある野菜やビネガーで作ったドレッシングのかかったサラダなどあっさりしたものがおすすめです。また、チャービルやパセリのように清涼感のあるハーブを添えるのもいいでしょう。香りだけでなく、彩りも鮮やかになり、目にも美味しい一品になります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top