ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ニンジンまるごと「キャロット・ラペ」

ニンジンをたくさん使ったサラダです。「ラペ」とはフランス語で「すりおろした」という意味です。シャキシャキしたニンジンの歯ごたえは残しつつ、味が染みる様に電子レンジで短時間加熱します。味付けにはいろいろなバリエーションがあるのですが、今回はレーズンを使ったレシピをご紹介します。

材料

・ニンジン        90g
・レーズン        30g
・塩コショウ       適量
・白ワインビネガー    大さじ2
・オリーブオイル     大さじ2

作り方

  1. ニンジンを4~5㎝の長さに切りそろえ、マッチ棒くらいの太さに切る。
  2. 耐熱のお皿にニンジンを入れ、レーズン、塩コショウ、白ワインビネガー、オリーブオイルで和える。
  3. ラップをかけて、電子レンジに入れる。600wで約30秒かける。
  4. いったん取り出し、全体をなじませるようにもう一度混ぜる。
  5. ラップをかけ直して600wで30秒電子レンジに再度入れる。

この料理に合わせるワイン

やや甘口のロゼはいかがでしょう。白ワインビネガーの酸の中に感じるレーズンの甘さとリンクします。全体の酸が穏やかに感じられ、丸みのある優しい雰囲気になります。ニンジンの甘味も奥から引き出されてきます。

ニンジンの底力

ニンジンは緑黄色野菜の中でもβ-カロテンや食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分等を多く含んでいる野菜です。β-カロテンは強い抗酸化作用があります。酸化による老化や動脈硬化、癌の予防にも効果が期待されている栄養素です。また、β-カロテンは体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは皮膚や粘膜を健康にする働きがあり、風邪の予防や美肌の効果もあると言われています。このようにニンジンは体に良い栄養素がたっぷり含まれている野菜なのです。こんな底力がニンジンにあったなんて知っていましたか。
でも、ニンジンと言えばカレーライスやシチューなどの煮込み料理や付け合せの野菜として食べられることが多いですよね。あまりたくさんの量を一度に食べられる野菜ではないと思います。キャロット・ラペはそんなニンジンが一度にたくさん食べられるサラダです。このサラダはフランスのお惣菜の定番です。スーパーやデパートのお惣菜売り場で量り売りされているのを良く見かけます。また家庭によってもさまざまな味付けがされていて、ママンの味が楽しめる料理でもあります。
電子レンジで温めることで味がしみ込みやすくなることはもちろん、生のままよりボリュームが少し抑えられるのでよりたくさん食べられるようになります。もちろんこのままで食べても。グリーンサラダにのせてほかの野菜と一緒に食べたり、サンドイッチの具材にもおすすめです。日が経つにつれ、より味が馴染んで染み込んでいくので美味しさが増していきます。お酢を使っているので日持ちもします。週末に大量に作り置きしておいて、数日間かけて食べていくのも良いですね。日によって食べ方を工夫してみたりと楽しむこともできます。一本まるまるを包丁で切っていくのはなかなか骨の折れる作業です。スライサーを使ってラペしてしまうのがおすすめ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top