ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

絶品!「牛タンの赤ワイン煮込み」

とっても美味しい「牛タンの赤ワイン煮込み」のレシピをご紹介します。付け合せにはクリーミーなマッシュポテト。彩にクレソンを添えます。煮込みに時間はかかりますが、工程はとても簡単です。ほろほろと崩れるほど柔らかな牛タンはほっぺたが落ちてしまいそうなほど美味しいです。クリスマスのメイン料理にもぴったりです。

材料    (4~5人分)

・牛タン(塊のもの)      1kg
・薄力粉            大さじ5
・タマネギ           50g
・ニンジン           20g
・ニンニク           1片
・トマトペースト        小さじ2
・赤ワイン           250㏄
・水              適量
・デミグラスソース       1缶
・ブーケガルニ(あればで良い)
・ローリエ           1枚
・塩コショウ          適量
・砂糖             小さじ2

[マッシュポテト]

・ジャガイモ          250g
・生クリーム          150cc
・バター            15g
・塩コショウ          適量
・ナツメグ           適量
・クレソン           4~5本

作り方

  1. 牛タンを冷蔵庫から取り出し、室温に戻しておく。
  2. キッチンペーパーで水分を拭き取り、厚さ5cm程の筒切りにする。
  3. 塩コショウをし、表面に薄く小麦粉をふる。
  4. フライパンにサラダ油(分量外)をひき、牛タンの表面を強火で焼き固める。すべて焼けたら煮込み用の鍋に移しておく。
  5. ニンジンとタマネギは1.5cmほどの角切りにしておく。
  6. 牛タンを焼き固めたフライパンに再度、サラダ油(分量外)を少々足しニンジンとタマネギを炒める。
  7. 野菜に火がとったらトマトペーストを加え、トマトの酸味が穏やかになるまで炒める。
  8. 赤ワインを加える。赤ワインのアルコールをしっかり飛ばす。
  9. 8を牛タンの入った鍋に移し、牛タンが沈むくらいの水を加える。
  10. デミグラスソースを加え、ローリエ、あればブーケガルニを加える。
  11. 中火にかけ、塩コショウ、砂糖を加える。ふつふつと煮立ってきたら弱火にし3~4時間程度ゆっくり煮込む。
  12. 牛タンが十分に柔らかくなったらいったん取り出しアルミホイルで包み、温かいところで保温しておく。
  13. シノワ(なければザル)でソースを濾す。
  14. 濾したソースを中火にかけ好みの濃度になるまで煮詰める。
  15. 牛タンを鍋に戻し温め直したらお皿に盛る。

[マッシュポテト]

  1. 皮付きのまま竹串がスッと入るようになるまで茹でる。
  2. 茹で上がったら、熱いうちに皮をむきマッシャーで潰す。
  3. バターを切るようにして混ぜ、生クリーム少しずつを加え混ぜる。
  4. 塩コショウで味を調え、ナツメグで香りづけをする。

これに合わせるワインは…

もちろん赤ワインが合います。フルボディのタンニンのしっかりした重厚なタイプがおすすめです。中でもカベルネ・ソーヴィニヨンをおすすめします。骨格がしっかりしていて力強いだけでなく果実を感じられるバランスの良いワインです。

煮込み料理に+α

冬になると体の底からポカポカと温まる煮込み料理が食べたくなります。たくさんある煮込み料理の中でも赤ワイン煮込みはリッチでスペシャルな気分にさせてくれます。煮込み料理でよく使われるものが「ブーケ・ガルニ」と呼ばれるものです。「ブーケ・ガルニ」とはパセリの茎、ローリエ、タイムをポワロという西洋ネギの青い部分でくるんで束ねたもの。煮込み料理の香りづけのために使われます。今ではティーパックタイプの商品もあり、手軽に使うことができます。これを使うと煮込み料理が一味変わってくるのでスーパーなどで見かけた際にはぜひ購入してみてください。
煮込み料理は鍋を長時間火にかけることになります。火元から離れることができず、なかなか他の仕事をすることが出来ませんよね。そんな時は蓋をして鍋ごとオーブンに入れてしまう方法があります。約200℃の高温のオーブンにぐつぐつと煮立たせた状態で蓋をしてオーブンへ入れます。通常よりは時間がかかることもありますが、この方法でほぼ同じように仕上げることが出来ます。ただし、念のため外出などは控えておいてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top