ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

懐かしい味わいとワインがぴったり!手づくりマカロニサラダのレシピ!

手づくりマカロニサラダ

さくっと作れてワインと合うおつまみ。フランスパンを炙ってオリーブオイルとチーズを乗せる、という料理が定番なような気がします。とはいえ、ワインはオリーブオイルとチーズ、そしてパンでは広がりがありませんよね。ワインというお酒は思った以上にさまざまな料理との相性が良く、意外な料理ともバッチリと合わすことができるのです。
さて、居酒屋などに行くとお通しとしてマカロニサラダが出されることがあります。その中で「お、これ美味しい!」と、思うマカロニサラダが登場する時がありますよね。
マカロニサラダもちゃんと手を込んで作ってあげれば絶品料理のひとつとなってくれるのです。
そして、何とこのマカロニサラダ。ワインとの相性が抜群なのです。ここでは、手づくりマカロニサラダとそれに合うワインを紹介します。とっても簡単ですので直ぐにできますよ!

手づくりマカロニサラダの4人分の材料

手づくりマカロニサラダのコツとしては、ツナ缶を入れるところです。ツナのほど良い酸味が懐かしさを呼び覚まし、味に深みを与えます。
さらに、野菜もたっぷりと入れることでより一層食感が良くなりますし、ヘルシーで女性にも喜ばれます。ワインと合わせやすいので夕食のおつまみとしても喜ばれるはずです。

マカロニ   120g
キュウリ   1本
ニンジン   1/3本
ツナ缶    60g
玉ねぎ    1/3個
マヨネーズ  大さじ2杯
塩こしょう  適量
ゆで卵    2個

手づくりマカロニサラダの作り方

マカロニサラダはスーパーやコンビニの惣菜コーナーでも手軽に手に入る料理です。だからこそ、手づくりで作るだけで家族にも喜ばれます。
懐かしさとご自宅の味が一番、こういったシンプルな惣菜に出るのですから、できるだけ手を抜かず作ってみてはいかがでしょうか。さて、まずは鍋にたっぷりお湯をはって塩を入れ、マカロニを茹でましょう。
できるだけサラダ用のマカロニが好ましいですが、パスタ用のものでも問題ありませんので用意できる方で構いません。
ニンジンは2センチほどの暑さにしてイチョウ切りに。キュウリは薄い輪切りにして、玉ねぎは薄切りにしていきます。
食材は塩で揉んでいき、味わいを全体に馴染ませていきます。ゆで卵は塩こしょうをして、細かく粗みじん切りにしていくとよいでしょう。ある程度食感を残したい方は、ざっくりと切っても楽しいです。
マカロニが茹で上がったら冷水でしっかりと冷やし、水気をきってボウルに入れます。ここにツナ缶を入れてマヨネーズで和えます。野菜類も混ぜ合わせ、皿にレタスなどを引いて乗せたら完成です。

この料理に合うワイン

マヨネーズとツナ缶の懐かしい組み合わせが美味しいマカロニサラダ。この料理にはやはり白ワインが合いそうです。
特に、シャルドネやフラスカーティ、トロンテスなどの果実味のしっかりとした濃厚さが際立つワインがおすすめです。
できるだけ年数が経っているものだと、深みとコクがあるのでマカロニのほど良い酸味を受けて止めてくれます。冷やした白ワインも美味しいですが、常温で楽しめる甘めの白ワインも面白いマリアージュを見せてくれますよ。

まとめ

馴れ親しんだお惣菜であるマカロニサラダ。だからこそ、ちょっぴり手を込んだものを作り、ワインと合わせて楽しむのが通の食べ方です。
マカロニサラダにワインは驚きかもしれませんが、本当に味付け次第でいくらでも楽しむことができます。少し、キムチなども混ぜて辛くしたら南アフリカのピノタージュやマスカットベーリーAとも合わせられます。
さらに、塩コショウですっきりとシンプルに合わせるであればスパークリングワインと楽しんでも良さそうですね。
ツナでは無く、コンビーフなどを入れれば赤ワインとも楽しめますし、ソーセージも使えます。ボジョレーの軽めに赤もおすすめです。
アレンジも楽しみながら、アナタのご家庭の定番として活躍させてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top