ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

手軽に素早く美味しくできる!ボンゴレ・ビアンコと白ワインを楽しもう!

ボンゴレ・ビアンコ

ワイン大国というと、フランスのイメージが強いのではないでしょうか。高級ワイン産地として大変有名な国ですし、確かにそのワインのレベルは全てがハイクオリティ。

しかし、お手軽に楽しめてレベルの高い国際的ワインを作っているのが実はお隣のイタリアです。ワイン生産量はフランスと常に1、2位を争うほどですし、我々も知らぬうちに多くのイタリアワインを口にしてます。

さて、そんなイタリアのワインの中でも飲みやすい白ワインに合いやすく、さらには日本人の舌も喜ばせる料理をここで紹介させてください。

それは、ボンゴレ・ビアンコです。ボンゴレはあさりを使ったイタリアの定番料理ですが、やはり魚介類に馴れ親しんでいる日本人には嬉しい味わいですよね。

白ワインとの相性も抜群ですし、何度でも食べたくなる味というのは間違いはありません。ここでは、ボンゴレ・ビアンコの簡単なレシピと、それに合わせたいワインを紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

ボンゴレ・ビアンコの2人分の材料

ボンゴレ・ビアンコを美味しく作るためのコツじゃ、アサリを蒸すというところ。旨味をギュっと閉じ込める部分もポイントになってきます。

余談ですが、ボンゴレは赤色のロッソ、バジルを加えるヴェルデ、イカスミのネロがあります。

馴染みが深い白色のボンゴレ・ビアンコは、実はそのうちの種類のひとつなのです。イタリア料理も知れば知るほどに、楽しさが詰め込まれているのですね。

スパゲッティ(リングイネでもOK)  200g

アサリ  400g

オリーブオイル 30cc

にんにく 3片

赤唐辛子 1/2本

塩こしょう 適量

白ワイン 大さじ1杯

パセリ 適量

塩 30g

ボンゴレ・ビアンコの作り方

ボンゴレ・ビアンコは、いたってシンプルなパスタ料理ですので、手を抜くとそれなりの味わいになってしまいます。

まず、フライパンにオリーブオイルを入れてにんにくと赤唐辛子を炒めていきます。強火でやりすぎると、焦げて味わいがいがらっぽくなるので注意しましょう。にんにくがやや香ばしくなってきたら、アサリと白ワインを加えて弱火にしてしっかりと蒸していきます。

水でも問題ありませんが、白ワインを使うことでグッと風味が増すのでおすすめです。アルコール臭さを飛ばした後に、アサリの口が開きはじめたら火を止めて行きましょう。

ちなみに、これと同時進行でパスタを茹でておくことをお忘れなく。フライパンの中の食材に茹で汁を投入したら、再び火にかけて熱していきます。ソース自体は乳白化していくので、その頃合いを見計らって茹で上がったパスタを入れていきます。

ここで火はとめてしまって構いません。強火のままで放置すると塩辛さが増すのと同時に香りも飛んでしまいます。

しっかりとパスタにソースを絡めたら、皿に持ってパセリを少々かけてオリーブオイルを再度かけて出来上がりです。手軽な上に美味しさも抜群ですので、おすすめです。

ボンゴレ・ビアンコに合うワインとは?

基本的に、白ワインであればボンゴレ・ビアンコと相性が良いですが、シャルドネ種などの小麦色をした香りがあるワインがおすすめです。

また、イタリアのマルケ州のピコリット種の白ワインやトレッビアーノ・ダブルツォといった、安価でありながら濃厚さも感じられる白ワインもおすすめです。アサリの出汁とオリーブオイルを包み込み、最高のマリアージュを演出してくれるはずですよ。

まとめ

ボンゴレ・ビアンコは、家庭でも最も作りやすい本格パスタのひとつです。パスタを茹でながら、その合間を見計らって食材を炒め、絡めるだけ。ある意味、ご飯を炊くよりあっという間にできてしまうのです。

もちろん、貝類であれば何でもOKです。たまには贅沢をして、ホタテの身も混ぜてもいいかもしれません。

イタリア料理ですので、イタリアのワインが合うようですが、ニューワールド系であればニュージーランドのソーヴィニヨンブラン、ピノグリなどもおすすめですね。

時間が無い休日であったり、パーティーシーン、さらにお仕事帰りで疲れていても、サクっと作れます。

あさりを見たら、今日はボンゴレでも作ろうというような流れにしても良いかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top