ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

フルーツとチーズのハーモニー「無花果とブルーチーズのサラダ」

無花果とブルーチーズを使ってサラダに仕立てます。ブルーチーズは濃厚なうまみと独特な香りが特徴で、フルーツとの相性がとてもいいです。手軽に作れるサラダなのでぜひ試してみてください。

材料

[ビネグレットソース]
・白ワインビネガー      大さじ1
・マスタード         大さじ1
・塩こしょう         適量
・オリーブオイル       20cc

・無花果           100g
・ブルーチーズ        20g
・ベビーリーフ        45g
・チコリー          30g
・胡桃            15g

作り方

[ビネグレットソース]
1.ビネグレットソースを作る。ボールに白ワインビネガー、マスタードと塩こしょうを合わせておく。
2.1にオリーブオイルを泡だて器で絶えず混ぜながら少しづつ加える。

  1. 無花果の皮をむき、食べやすい大きさのくし切りにする。
  2. ブルーチーズを手でちぎり1cmの大きさにする。
  3. ベビーリーフとチコリーを流水でよく洗い、キッチンペーパーで水気をよく切る。
  4. チコリーは食べやすい大きさに手でちぎっておく。
  5. 胡桃は大きめに刻んでおく。
  6. 大きめのボールに無花果、ブルーチーズ、ベビーリーフとチコリーを合わせ、ビネグレットソースで和える。
  7. 胡桃を散らす。

この料理に合わせるワインは…

チーズとワインの相性はとてもいいことで有名です。中でもブルーチーズと甘口の白ワインの相性は最高です。リースニングやソーテルヌなどがおすすめです。前菜なのであくまでデザートワインではなく甘口の白ワインにしておいた方が良いでしょう。

世界三大ブルーチーズ

世界三大ブルーチーズをご存知ですか?フランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラ、そしてイギリスのスティルトン。この3つのブルーチーズを世界三大ブルーチーズと言います。ロックフォールは羊の乳が原料で二千年の歴史があると言われています。羊の乳の特有の濃厚なコクが特徴です。ゴルゴンゾーラは牛乳が原料です。甘味が強く、マイルドなタイプの「ドルチェ」、ピリッとした刺激を感じる「ピカンテ」の二種類に分けられます。スティルトンも原料は牛乳です。コクと塩気の中にやや苦みを感じるのが特徴的なチーズです。三種三様でそれぞれ個性があります。この他にも世界各国でブルーチーズが生産されています。
無花果の旬は8〜10月。夏の終わりから秋の始まりにかけて最も多く市場に出回ります。生産量は全体の20%を愛知県が占めています。無花果を半分に切ると赤いつぶつぶがあります。実はあれが無花果の花なのです。外側からは花が見えないので「無花果」という名前がついたという訳です。あのつぶつぶ食感が無花果のおいしさですよね。あまり日持ちのしないフルーツなのでたくさん購入したときなど余ってしまったら早めにコンポートかジャムに加工してしまうのがおすすめです。
ブルーチーズはそのコクと強いうまみがフルーツのフレッシュ感と非常によく合います。そのため、フルーツと一緒に調理されることがよくあります。今回はその相性の良さが最も良く分かるシンプルなサラダをご紹介しました。胡桃の香ばしさも加わり、口の中で美味しさが踊りだします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top